学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

vol.79登録販売者の実務経験|登録販売者の試験・資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者ワンポイントレッスン

2017.12.19
  • ワンポイントレッスン
vol.79登録販売者の実務経験

受験要件としての実務経験はなくなりましたが、登録販売者として一人で医薬品を販売し、店舗管理者としてキャリアアップを目指すためには2年間の実務経験が必要になります。

今回はこの実務経験について詳しく説明していきましょう。

 

受験に際しての実務経験要件が廃止に

平成26年の試験までは、1年間の実務経験を積んでから受験するという流れでしたが、登録販売者試験の受験資格がなくなることで、これまでの「実務経験→登録販売者試験合格→店舗管理者」のルートにこだわらず、登録販売者試験に合格してから実務経験を積んだり、現在の実務経験を活かして、試験合格前と後の実務経験を合算して正規の登録販売者を目指したりとキャリアアップの方法を柔軟に選べるようになりました。

 

自ら医薬品を販売するための実務経験

登録販売者として一人で売り場に立つためには、直近5年の間に2年分の実務経験が必要です。具体的には薬剤師や正規の登録販売の管理および指導の下、研修中の登録販売者として経験を積むことが求められます。ここでいう2年間の実務経験は、月に80時間以上。5年以内であれば連続していなくても大丈夫です。なお、登録販売者試験に合格した方の実務経験に関しては、以下の3つに分類されます。

 

①実務経験がすでに要件以上ある場合

試験前からドラッグストアなどに勤務していて、直近5年以内に2年以上の実務経験がある場合は、合格後すぐに自ら医薬品を販売したり、店舗の管理者になることが可能です。

※5年より前の経験はカウントされません。

 

②実務経験が要件に満たない場合

登録販売者試験に合格する前に、一般従事者として(薬剤師または登録販売者の管理および指導の下で)実務についていて、その期間が2年に満たない場合は、残りの期間を研修中の登録販売者として勤務すればOK。

 

☝実務経験を証明してもらうために

数年前に退職してしまった方もあきらめないで下さい。 過去5年間にさかのぼり実務経験がある方は、前の職場に実務証明書を発行してもらえます。企業は発行を申し出された場合には、証明書を発行する義務があります。

 

③実務経験がない場合

未経験の方が登録販売者の資格を取得した場合、初めて勤務する店舗の所在地に登録申請を行います。その後、研修中の登録販売者としての勤務がスタートします。実務経験として認められるためには月に80時間以上の勤務が必要です。用形態はアルバイトやパートでも構いませんが、勤務時間が短いと、実務期間に認めてもらえないので注意してください。

 

☝パートで月に80時間ってどのくらい働くの?

▼お子さんが小さい方の勤務パターン

1週間に5日間、お子さんが学校や幼稚園に行っている間に4時間働けばOK

5日×4時間×4週=80時間

▼家事や趣味の時間も大事にしたいパターン

仕事に行くのが1週間に3日なら、1日7時間勤務でOK

3日×7時間×4週=84時間

 

 店舗管理者とは?

医薬品を販売する店舗では、必ず「店舗管理者」を配置する必要があります。「店舗管理者」は、店舗内の薬剤師、登録販売者、その他従業員を監督し、医薬品、その他の物品管理を行うなど、店舗運営において責任ある重要な立場を担います。上記のとおり、直近5年間で2年の実務経験を積んだ登録販売者なら、この「店舗管理者」にもなることができます。実務経験を経て『店舗管理者』になれる登録販売者は引く手数多。ぜひとも、医薬品業界の第一線で活躍する登録販売者を目指して頑張ってください!

 

△vol.79登録販売者の実務経験 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済