学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

首都圏エリア | 平成30年度過去問|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者試験 過去問題集

エリア
(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識

問 1 医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。
b医薬品は、多くの場合、人体に取り込まれて作用し、効果を発現させるものである。
c医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性や安全性等の確認が行われる仕組みとなっている。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 正
3誤 正 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解3】

人体に対して使用されない医薬品についても、例えば殺虫剤の中には誤って人体がそれに曝されれば健康を害するおそれがあるものもある。
b○
c○

問 2 医薬品のリスク評価に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aLD50とは動物実験における最小致死量のことであり、薬物の毒性の指標として用いられる。
bヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準として、国際的に Good Laboratory Practice(GLP)が制定されている。
c新規に開発される医薬品のリスク評価は、薬効‐薬理試験や一般薬理作用試験の他に、医薬品毒性試験法ガイドラインに沿って、単回投与毒性試験などの毒性試験が厳格に実施される。
d医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準として Good Vigilance Practice(GVP)が制定されている。
a b c d
1正 誤 誤 正
2正 正 正 誤
3誤 誤 正 誤
4誤 正 誤 正
5誤 誤 正 正

【正解3】

LD50とは動物実験における「最小致死量」ではなく、「半数致死量」である。

ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準として、国際的に Good clinical Practice(GCP)が制定されている。GLPは、非臨床試験の基準。
c○

医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準として Good Post-marketing Study Practice(GPSP)が制定されている。GVPは、製造販売後安全管理基準。

問 3 医薬品のリスク評価に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a少量の投与でも長期投与されれば、慢性的な毒性が発現する場合もある。
b医薬品の投与量と効果の関係は、薬物用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない「無作用量」から、最小有効量を経て「治療量」に至る。
c医薬品については、食品と同一の安全性基準が要求されている。
d医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量との積で表現される用量‐反応関係に基づいて評価される。
a b c d
1正 正 誤 正
2正 誤 正 誤
3正 正 正 正
4誤 誤 正 正
5誤 正 誤 誤

【正解1】
a○
b○

医薬品については、食品などよりもはるかに厳しい安全性基準が要求されている。
d○

問 4 医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。
b眠気や口渇等の比較的よく見られる症状は、副作用といわない。
c一般用医薬品の使用においては、通常は、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。
d医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することにより、副作用の種類に応じて速やかに適切に処置し、又は対応し、重篤化の回避が図られることが重要である。
a b c d
1誤 正 誤 正
2誤 誤 正 誤
3正 誤 正 正
4正 誤 誤 正
5正 正 誤 誤

【正解3】
a○

眠気や口渇等の比較的よく見られる症状も、副作用である。
c○
d○

問 5 アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aアレルギーは、医薬品の薬理作用と関係して起こるため、薬理作用がない添加物がアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)となることはない。
b外用薬は、アレルギーを引き起こすことはない。
c普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになることがあり、思わぬアレルギーを生じることがある。
a b c
1正 正 誤
2誤 誤 誤
3誤 正 正
4正 誤 誤
5誤 誤 正

【正解5】

医薬品の有効成分だけでなく、基本的に薬理作用がない添加物も、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)になりえる。

内服薬だけでなく外用薬でもアレルギーが引き起こされることがある。
c○

問 6 医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a症状が一時的に緩和するならば、疾病の根本的な治療や生活習慣の改善等は行わず、漫然と一般用医薬品を使用し続けてもよいとされる。
b医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるよう、使用する量や使い方が定められている。
c小児への使用を避けるべき医薬品を「子供だから大人用のものを半分にして飲ませればよい」として服用させるなど、安易に医薬品を使用する場合には、有害事象につながる危険性が高い。
a b c
1誤 正 誤
2誤 正 正
3正 誤 正
4誤 誤 正
5正 誤 誤

【正解2】

疾病の根本的な治療や生活習慣の改善等がなされないまま、手軽に入手できる一般用医薬品を使用して症状を一時的に緩和するだけの対処を漫然と続けているような場合には、いたずらに有害事象を招く危険性が増すばかりでなく、適切な治療機会を失うことにもつながりやすい。
b○
c○

問 7 医薬品の使用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a医薬品は、定められた用量を意図的に超えて服用したり、みだりに他の医薬品や酒類と一緒に摂取するといった乱用がなされると、過量摂取による急性中毒等を生じる危険性が高くなり、乱用の繰り返しによって慢性的な臓器障害等を生じるおそれもある。
b一般用医薬品にも習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがあるが、一般用医薬品による薬物依存は一度形成されても、容易に離脱することができる。
c青少年は、薬物乱用の危険性に関する認識や理解が必ずしも十分でなく、好奇心から身近に入手できる薬物を興味本位で乱用することがあるので、注意が必要である。
d医薬品の販売等に従事する専門家は、一般用医薬品を必要以上に大量購入しようと試みる不審な購入者であっても、購入者の希望どおりに販売する必要がある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解2】
a○

一般用医薬品にも習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがあり、薬物依存が一度形成されると、そこから離脱することは容易ではない。
c○

一般用医薬品を必要以上に大量購入しようと試みる不審な購入者等には、慎重に対処する必要があり、積極的に事情を尋ね、状況によっては販売を差し控えるなどの対応が図られることが望ましい。

問 8 医薬品の相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a相互作用は、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものであり、医薬品が薬理作用をもたらす部位では起こらない。
bかぜ薬(総合感冒薬)と解熱鎮痛薬では、成分や作用が重複することが多く、通常、これらの薬効群に属する医薬品の併用は避けることとされている。
c複数の医薬品を併用した場合、医薬品の作用が増強することはあるが、作用が減弱することはない。
a b c
1正 正 誤
2誤 正 誤
3誤 誤 正
4正 誤 正
5誤 正 正

【正解2】

相互作用には、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。
b○

複数の医薬品を併用した場合、医薬品の作用が増強することも、減弱することもある。

問 9 医薬品等の相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a生薬成分が配合された医薬品と生薬成分が含まれた食品(ハーブ等)を合わせて摂取すると、 その医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。
bカフェインを含む総合感冒薬とコーヒーを一緒に摂取することによって、カフェインの過剰摂取となることがある。
c外用薬や注射薬は、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受けることはない。
a b c
1正 正 正
2誤 正 誤
3正 正 誤
4正 誤 正
5誤 誤 正

【正解3】
a○
b○

外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。

問 10 小児等への医薬品の使用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a一般用医薬品の使用上の注意において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、乳児とは3歳未満、幼児とは7歳未満、小児とは18歳未満をいう。
b小児は、大人と比べて血液脳関門が発達しているため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しにくい。
c乳児は、状態が急変しやすく、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくいため、基本的には医師の診療を受けることが優先され、一般用医薬品による対処は最小限にとどめることが望ましい。
d小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解5】

一般用医薬品の使用上の注意において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、乳児とは1歳未満、幼児と3歳未満、小児とは15歳未満をいう。

小児は、大人と比べて血液脳関門が未発達であるため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすい。
c○
d○

問 11 高齢者への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a高齢者の基礎体力や生理機能の衰えの度合いは、個人差が大きく、年齢のみから一概にどの程度副作用を生じるリスクが増大しているかを判断することは難しい。
b高齢者は、細かい文字が見えづらく、添付文書や製品表示の記載を読み取るのが難しい場合があり、情報提供や相談対応において特段の配慮が必要となる。
c高齢者は、喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている(嚥下障害)場合があり、 内服薬を服用する際に喉に詰まらせやすい。
d医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として60歳以上を「高齢者」としている。
a b c d
1誤 正 正 正
2正 誤 正 正
3正 正 誤 正
4正 正 正 誤
5正 正 正 正

【正解4】
a○
b○
c○

60歳以上ではなく、65歳以上を「高齢者」としている。

問 12 妊婦又は妊娠していると思われる女性及び母乳を与える女性(授乳婦)への医薬品の使用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a流産や早産を誘発するおそれがある一般用医薬品はない。
b妊婦が妊娠に伴う不眠症状がある場合、ジフェンヒドラミン塩酸塩を主薬とする催眠鎮静薬(睡眠改善薬)を使用することが推奨される。
c一般用医薬品は、多くの場合、妊婦が使用した場合における安全性に関する評価が困難であるため、妊婦の使用については「相談すること」としているものが多い。
d医薬品の種類によっては、授乳婦が使用した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られており、母乳を介して乳児が医薬品の成分を摂取することになる場合がある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解5】

便秘薬のように、配合成分やこの用量によっては流産や早産を誘発するおそれがあるものがある。

妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンバランスや体型の変化等が原因であり、ジフェンヒドラミン塩酸塩等を主薬とする催眠鎮静薬(睡眠改善薬)の適用対象ではない。
c○
d○

問 13 医療機関で治療を受けている人等への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

a購入しようとしている医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けている場合には、疾患の程度やその医薬品の種類等に応じて問題を生じるおそれがあれば、使用を避けることができるよう情報提供がなされることが重要である。
b過去に医療機関で治療を受けていたが、現在、治療を受けていない場合は、一般用医薬品の使用について特に注意する必要はない。
c生活習慣病等の慢性疾患を持つ者が一般用医薬品を使用しても、その症状が悪化したり、治療が妨げられることはない。
a b c
1正 誤 誤
2誤 正 誤
3誤 誤 正
4正 正 正
5正 誤 正

【正解1】
a○

過去に医療機関で治療を受けていた(今は治療を受けていない)という場合には、どのような疾患について、いつ頃かかっていたのか(いつ頃治癒したのか)を踏まえ、一般用医薬品の使用について適切に判断することができるよう情報提供がなされることが重要である。

慢性疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品を使用することによってその症状が悪化したり、治療が妨げられることもある。

問 14 プラセボ効果に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aプラセボ効果とは、医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをいう。
bプラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。
cプラセボ効果は、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)は関与していないと考えられている。
d一般用医薬品の使用によってもたらされる望ましい反応や変化がプラセボ効果と思われるときは、それを期待して使用を継続するべきである。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

プラセボ効果は、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)も関与して生じると考えられている。

プラセボ効果は、主観的な変化だけでなく、それを目的として医薬品を使用するべきではない。

問 15 セルフメディケーションと一般用医薬品の販売時における情報提供に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、購入者に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
b高熱や激しい腹痛がある場合など、症状が重いときであっても、まずは一般用医薬品を使用するよう勧めることが適切な対処である。
c一般用医薬品を一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには、医療機関を受診して医師の診療を受けるよう勧める必要がある。
d情報提供は、必ずしも医薬品の販売に結びつけるのではなく、医薬品の使用によらない対処等を勧めることが適切な場合もある。
a b c d
1正 正 誤 誤
2誤 誤 誤 正
3誤 正 正 誤
4正 誤 正 正
5正 正 正 正

【正解4】
a○

高熱や激しい腹痛がある場合など、症状が重いときに一般用医薬品を使用するよう勧めることは、一般用医薬品の役割にかんがみて、適切な対処とはいえない。
c○
d○

問 16 一般用医薬品の販売時におけるコミュニケーション及び情報提供に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a一般用医薬品の場合、すぐに使用する必要に迫られて購入されるとは限らず、家庭における常備薬として購入されることも多いことから、その医薬品がすぐに使用される状況にあるかどうかを把握するように努めることが望ましい。
b購入者が自分自身や家族の健康に対する責任感を持ち、適切な医薬品を選択して、適正に使用しようとするよう、働きかけていくことが重要である。
c必ずしも情報提供を受けた当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、販売時のコ ミュニケーションを考える必要がある。
d購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合は、情報提供を行うためのコミュニケーションを図る必要はない。
a b c d
1誤 誤 正 正
2正 誤 正 誤
3正 誤 誤 正
4誤 正 誤 誤
5正 正 正 誤

【正解5】
a○
b○
c○

購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合であっても、購入者側から医薬品の使用状況に係る情報をできる限り引き出し、可能な情報提供を行っていくためのコミュニケーション技術を身につけるべきである。

問 17 サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aサリドマイド訴訟とは、催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイド胎芽症)が発生したことに対する損害賠償訴訟である。
bサリドマイド製剤は、1961年11月、西ドイツ(当時)のレンツ博士がサリドマイド製剤の催奇形性について警告を発し、日本では、同年中に速やかに販売停止及び回収措置が行われた。
cサリドマイドによる薬害事件は、我が国のみならず世界的にも問題となったため、WHO加盟国を中心に市販後の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。
dサリドマイドの光学異性体のうち、R体には有害作用がないことから、R体のサリドマイドを分離して製剤化すると催奇形性を避けることができる。
a b c d
1誤 正 正 誤
2正 誤 正 誤
3誤 誤 誤 正
4正 誤 正 正
5正 正 誤 正

【正解2】
a○

日本では、販売停止及び回収措置は翌年9月になるなど、対応の遅さが問題視された。
c○

R体に有害作用はないが、サリドマイドが摂取されると、R体とS体は体内で相互に転換するため、R体のサリドマイドを分離しても製剤化しても催奇形性は避けられない。

問 18 スモン及びスモン訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aスモン訴訟は、解熱鎮痛剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
bスモンはその症状として、初期には腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れや脱力、歩行困難等が現れる。
cスモン患者に対しては、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担、重症患者に対する介護事業等が講じられている。
a b c
1誤 正 誤
2正 正 正
3誤 正 正
4正 誤 誤
5正 誤 正

【正解3】

キノホルム製剤は、解熱鎮痛薬ではなく、整腸剤として販売されていた。
b○
c○

問 19 HIV訴訟に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aHIV訴訟は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血 漿 しょう から製造された免疫グロブリン製剤が血友病患者に投与されたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。
bHIV訴訟は、国及び製薬企業を被告として提訴された。
cHIV訴訟を契機に、医薬品副作用被害救済制度が創設された。
dHIV訴訟の和解を踏まえ、国は、HIV感染者に対する恒久対策として、エイズ治療研究開発センター及び拠点病院の整備を行った。
  • 1(a、c)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

HIVが混入した原料血漿から製造されたのは、免疫グロブリン製剤ではなく、血液凝固因子製剤である。
b○

医薬品副作用被害救済制度は、サリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機に創設された。
d○

問 20 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)及びCJD訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aCJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていた血液製剤を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
bCJDは、プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。
cCJD訴訟は、国、輸入販売業者及び製造業者を被告として提訴された。
dCJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度が創設される契機のひとつとなった。
a b c d
1誤 正 誤 誤
2正 誤 正 誤
3正 誤 誤 正
4誤 正 正 正
5正 正 正 正

【正解4】

血液製剤ではなく、ヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
b○
c○
d○

第2章 人体の働きと医薬品

問 1 消化器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a歯冠の表面はエナメル質で覆われ、エナメル質の下には象牙質と呼ばれる組織がある。
b口腔内は、唾液によってpHがほぼ中性に保たれ、酸による歯の齲蝕を防いでいる。
c嚥下された飲食物は、食道の運動によって胃に送られるのではなく、重力によって胃に送られる。
d胆嚢は、胆汁を産生し、濃縮して蓄える器官であり、回腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

嚥下された飲食物は、重力によって胃に落ち込むのでなく、食道の運動によって胃に送られる。

胆嚢は、胆汁を濃縮して蓄える器官であり、産生はしていない。
胆汁を産生しているのは肝臓。

問 2 消化器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a胃は上腹部にある中空の臓器で、中身が空の状態では扁平に縮んでいる。
bペプシノーゲンは、胃酸によって主に炭水化物を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として働く。
c胃液による消化作用から胃自体を保護するため、胃の粘膜表皮を覆う細胞から粘液が分泌されている。
d炭水化物主体の食品は、脂質分の多い食品に比べて胃内での滞留時間が長い。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(b、d)

【正解2】
a○

ペプトンは、炭水化物ではなく、タンパク質を消化する酵素である。
c○

逆の記載となっている。
炭水化物主体の食品は、脂質分の多い食品に比べて胃内での滞留時間が短い。

問 3 消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a大腸の粘膜上皮細胞は、腸内細菌が食物繊維を分解して生じる栄養分を、その活動に利用している。
b通常、糞便は直腸に滞留している。
c大腸では、水分とナトリウム、カリウム、リン酸等の電解質の吸収が行われる。
d肛門は、直腸粘膜が皮膚へと連なる体外への開口部であり、直腸粘膜と皮膚の境目になる部分には歯状線と呼ばれるギザギザの線がある。
a b c d
1誤 正 誤 誤
2正 誤 正 正
3誤 正 正 正
4誤 誤 誤 正
5正 誤 正 誤

【正解2】
a○

通常、糞便は直腸ではなく、下行結腸やS状結腸に滞留している。
c○
d○

問 4 呼吸器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管支という。
b吸い込まれた粉塵等の異物は、気道粘膜から分泌される粘液にからめ取られ、線毛運動による粘液層の連続した流れによって気道内部から咽頭へ向けて排出される。
c肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織を間質という。
d肺胞は、異物や細菌が侵入してきたときのために粘液層や線毛によって保護されている。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解4】

喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管支ではなく、気管という。気管支は、肺の中で複数に枝分かれする部分をいう。
b○
c○

記載は、肺胞ではなく、喉頭から気管支までの記載。
喉頭の大部分と気管から気管支までの粘膜は線毛上皮で覆われており、吸い込んだ粉塵、細菌等の異物は、気道粘膜から分泌される粘液にからめ取られ、線毛運動による粘液層の連続した流れによって気道内部から咽頭へ向けて排出され、唾液とともに嚥下される。

問 5 循環器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a心臓の心室には、血液を取り込む側と送り出す側にそれぞれ弁があり、心臓の動き(拍動)と協調して交互に開閉する。
b血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や血中脂質量で決まり、赤血球の量はほとんど影響を与えない。
cリンパ液の流れは主に骨格筋の収縮によるものであり、流速は血流に比べて緩やかである。
dリンパ管は、互いに合流して次第に太くなり、最終的に鎖骨の下にある動脈につながるが、途中にリンパ節と呼ばれる結節がある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解2】
a○

血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や「赤血球の量」で決まり、「血中脂質量はほとんど影響を与えない」。
c○

リンパ管は、互いに合流して次第に太くなり、最終的に鎖骨の下にある動脈ではなく、「静脈」につながるが、途中にリンパ節と呼ばれる結節がある。

問 6 血液に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a血液全体の約40%を占める赤血球は、銅と結合したタンパク質であるヘモグロビンを含み、脾臓で産生される。
b白血球の約60%を占める好中球は、感染が起きた組織に遊走して集まり、細菌やウイルス等を食作用によって取り込んで分解する。
c白血球の約1/3を占める単球は、リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、ウイルス等の異物を認識したり、それらに対する抗体を産生する。
a b c
1誤 正 誤
2正 正 誤
3誤 誤 正
4正 誤 正
5誤 正 正

【正解1】

ヘモグロビンは、銅ではなく、鉄分と結合したタンパク質である。
b○

記載はリンパ球の内容。
単球は、白血球の約5%と少ない。

問 7 泌尿器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a副腎皮質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが主に産生・分泌される。
b尿細管では、肝臓でアミノ酸が分解されて生成する尿素などの血液中の老廃物が濾過され、 原尿として腎小体に入る。
c腎小体は、糸球体とその外側を包み込む袋状のボウマン嚢から成る。
d女性は尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c,d)

【正解5】

副腎皮質ではなく「副腎髄質」で、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが主に産生・分泌される。
副腎皮質では、副腎皮質ホルモンが産生・分泌される。

尿細管ではなく「腎小体」では、肝臓でアミノ酸が分解されて生成する尿素などの血液中の老廃物が濾過され、 原尿として腎小体ではなく「尿細管」に入る。c○
d○

問 8 感覚器官(目、鼻及び耳)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、近くの物を見るときには扁平になり、遠くの物を見るときには丸く厚みが増す。
b鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。
c聴覚器官である蝸牛と平衡器官である前庭は、いずれも内部がリンパ液で満たされている。
d耳垢は、内耳にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、 埃や内耳上皮の老廃物などが混じったものである。
a b c d
1誤 誤 誤 正
2正 正 誤 正
3誤 正 正 誤
4正 誤 正 誤
5誤 正 正 正

【正解3】

近くの物を見るときには扁平ではなく、丸く厚みが増し、遠くの物を見るときには扁平になる。
b○
c○

耳垢は、内耳ではなく「外耳道」にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、 埃や内耳上皮の老廃物などが混じったものである。

問 9 外皮系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a体温が下がり始めると、皮膚を通っている毛細血管に血液がより多く流れるように血管が拡張し、体外への放熱を抑える。
b皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造からなり、表皮は最も外側にある角質層と生きた表皮細胞の層に分けられる。
cメラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。
d精神的緊張による発汗は、全身の皮膚に生じる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解4】

体温が「上がり始めると」、皮膚を通っている毛細血管に血液がより多く流れるように血管が拡張し、体外へ「より多くの熱を排出する」。
体温が下がり始めると血管は収縮して、放熱を抑える。
b○
c○

精神的緊張による発汗は全身の皮膚ではなく、手のひらや足底、脇の下の皮膚に限って起こる。

問 10 骨格系及び筋組織に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a骨は生きた組織であるが、身体の成長が停止した後では、骨形成は起こらず、骨吸収だけが進行する。
b骨組織を構成する無機質は、炭酸カルシウムやリン酸カルシウム等の石灰質からなる。
c筋組織は、筋細胞と結合組織からできているのに対して、腱は結合組織のみでできている。
d骨格筋は、横紋筋とも呼ばれ、収縮力が強く、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋である。
a b c d
1誤 正 誤 正
2正 誤 誤 正
3正 誤 誤 誤
4誤 誤 正 誤
5誤 正 正 正

【正解5】

骨は生きた組織であり、身体の成長が停止した後も一生を通じて破壊(骨吸収)と修復(骨形成)が行われている。
b○
c○
d○

問 11 脳や神経系の働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
b末梢神経系は、随意運動、知覚等を担う体性神経系と、呼吸や血液の循環等のように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担う自律神経系に分類される。
c気管及び気管支は、交感神経系が活発になると収縮し、副交感神経系が活発になると拡張する。
d局所(腋窩等)に分布するアポクリン腺を支配する交感神経線維の末端ではノルアドレナリンが神経伝達物質として放出される。
a b c d
1正 正 誤 誤
2誤 正 正 正
3正 正 誤 正
4誤 誤 正 誤
5正 誤 正 誤

【正解3】
a○
b○

気管及び気管支は、交感神経系が活発になると収縮ではなく拡張し、副交感神経系が活発になると拡張ではなく収縮する。
d○

問 12 医薬品の作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、 多くの場合、標的となる細胞に存在する受容体などのタンパク質と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。
b皮膚に適用する医薬品(塗り薬、貼り薬等)は、通常、皮膚表面から循環血液中へ移行する有効成分の量が比較的少ないため、適用部位の面積(使用量)や使用回数、その頻度などにかかわらず全身作用が現れることはない。
c内服した医薬品が全身作用を現わすまでには、消化管からの吸収、代謝と作用部位への分布という過程を経るため、ある程度の時間が必要であるのに対し、局所作用は、医薬品の適用部位が作用部位である場合が多いため、反応は比較的速やかに現れる。
a b c
1正 誤 誤
2正 正 誤
3正 誤 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解3】
a○

皮膚に適用する医薬品(塗り薬、貼り薬等)は、通常、皮膚表面から循環血液中へ移行する有効成分の量が比較的少ないが、粘膜吸収の場合と同様に、血液中に移行した有効成分は、肝臓で代謝を受ける前に血流に乗って全身に分布するため、適用部位の面積(使用量)や使用回数、その頻度などによっては、全身作用が現れることがある。
c○

問 13 医薬品の有効成分の吸収に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a消化管における有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や他の医薬品の作用によって影響を受ける。
b一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品の有効成分を取り込む現象である。
c坐剤の有効成分は、直腸内壁の粘膜から吸収され、容易に循環血液中に入り、初めに肝臓で代謝を受けてから全身に分布する。
d眼の粘膜に適用する点眼薬の有効成分は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがあるため、眼以外の部位に到達して副作用を起こすことがある。
a b c d
1誤 正 正 誤
2正 正 誤 誤
3正 誤 正 正
4正 誤 誤 正
5誤 誤 正 誤

【正解4】
a○

一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品の有効成分を取り込むのではなく、濃度の高い方から低いほうへ受動的に拡散していく現象である。

坐剤の有効成分は、直腸内壁の粘膜から吸収され、容易に循環血液中に入り「初めに肝臓で代謝を受けることなく」全身に分布する。
d○

問 14 医薬品の有効成分の代謝及び排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a多くの医薬品の有効成分は、血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成しており、その複合体は腎臓で濾過されないため、医薬品の有効成分が長く循環血液中に留まることとなり、作用が持続する原因となる。
b経口投与後、消化管で吸収された有効成分は、全身循環に入る前に門脈という血管を経由して肝臓を通過するため、吸収された有効成分は、まず肝臓に存在する酵素の働きにより代謝を受ける。
c肝初回通過効果とは、全身循環に移行する有効成分の量が、消化管で吸収された量よりも肝臓で代謝を受けた分だけ少なくなることをいう。
a b c
1正 正 正
2誤 誤 正
3誤 誤 誤
4正 正 誤
5誤 正 正

【正解1】
a○
b○
c○

問 15 医薬品の剤形に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a錠剤(内服)は、胃や腸で崩壊し、有効成分が溶出することが薬効を発現する前提となるため、例外的な場合を除いて、口中で噛み砕いて服用してはならない。
b口腔内崩壊錠は、薬効を期待する部位が口の中や喉に対するものである場合が多く、飲み込まずに口の中で舐めて、徐々に溶かして使用する。
c経口液剤は、既に有効成分が液中に溶けたり分散したりしているため、服用後、比較的速やかに消化管から吸収されるという特徴がある。
dチュアブル錠は、表面がコーティングされているものもあるので、噛み砕かずに水などで食道に流し込む必要がある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解2】
a○

記載は、トローチ、ドロップの内容。
口腔内崩壊錠は、口の中の唾液で速やかに溶ける工夫がなされているため、水なしでも服用できるという特徴がある。
c○

チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形であり、水なしで服用できる。
表面がコーティングされ、噛み砕かずに水などで食道に流し込む必要があるのは、腸溶錠。

問 16 皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a皮膚粘膜眼症候群は、最初に報告した二人の医師の名前にちなんでスティーブンス・ジョンソン症候群とも呼ばれており、その発生頻度は人口100万人当たり年間1~6人と報告されている。
b中毒性表皮壊死融解症は、皮膚粘膜眼症候群と関連のある病態と考えられており、中毒性表皮壊死融解症の症例の多くが皮膚粘膜眼症候群の進展型とみられている。
c中毒性表皮壊死融解症は、発熱は生じないが、広範囲の皮膚に発赤が生じ、全身の10%以上に火傷様の水疱、皮膚の剥離、びらん等が認められる。
d皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症は、多臓器障害の合併症等により致命的な転帰をたどることがあるが、皮膚症状が軽快した後は、眼や呼吸器等に障害が残ることはない。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

中毒性表皮壊死融解症は、38℃以上の高熱を伴う。

皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症は、多臓器障害の合併症等により致命的な転帰をたどることがあり、皮膚症状が軽快した後も、眼や呼吸器等に障害が残ったりする重篤な疾患である。

問 17 医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品の使用により生じる肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる中毒性のものと、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに大別される。
b黄疸とは、グロブリンが胆汁中へ排出されず、血液中に滞留することにより生じる、皮膚や 白眼が黄色くなる病態である。
c偽アルドステロン症とは、アルドステロン分泌が増加していないにもかかわらず、体内に塩分(ナトリウム)と水が貯留し、体からカリウムが失われることによって生じる病態である。
a b c
1誤 正 正
2正 正 正
3正 誤 誤
4正 誤 正
5誤 正 誤

【正解4】
a○

黄疸とは、グロブリンではなく「ビリルビン(黄色色素)」が胆汁中へ排出されず、血液中に滞留することにより生じる。
c○

問 18 精神神経系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a精神神経症状は、医薬品の大量服用や長期連用、乳幼児への適用外の使用等の不適正な使用がなされた場合に限らず、通常の用法・用量でも発生することがある。
b無菌性髄膜炎の症状は、首筋のつっぱりを伴う激しい頭痛、発熱、吐きけなどが現れるものであり、早期に原因医薬品の使用を中止しても回復せず、予後不良となることがほとんどである。
c心臓や血管に作用する医薬品の使用により、頭痛やめまい、浮動感(体がふわふわと宙に浮いたような感じ)、不安定感(体がぐらぐらする感じ)等が生じることがある。
a b c
1正 正 正
2正 誤 誤
3誤 正 正
4誤 正 誤
5正 誤 正

【正解5】
a○

無菌性髄膜炎の症状は、首筋のつっぱりを伴う激しい頭痛、発熱、吐きけなどが現れるものであり、早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好であることがほとんどである。
c○

問 19 医薬品の副作用として現れる消化性潰瘍及びイレウス様症状に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a消化性潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されて、その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態をいう。
b消化性潰瘍では、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐きけ、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
cイレウス様症状は、医薬品の作用によって腸管運動が亢進した状態で、激しい腹痛、嘔吐、軟便や下痢が現れる。
dイレウス様症状は、悪化すると、腸内容物の逆流による嘔吐が原因で脱水症状を呈したり、 腸内細菌の異常増殖によって全身状態の衰弱が急激に進行する可能性がある。
a b c d
1誤 正 誤 誤
2正 正 誤 正
3正 誤 正 誤
4誤 誤 正 誤
5正 正 正 正

【正解2】
a○
b○

イレウス様症状は、医薬品の作用によって腸管運動が亢進ではなく「麻痺した状態」をいい、激しい腹痛、嘔吐、「腹部膨満感を伴う著しい便秘」が現れる。
d○

問 20 医薬品の副作用として現れる間質性肺炎及び喘息に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a間質性肺炎の症状は、かぜや気管支炎の症状と区別が難しいこともある。
b間質性肺炎は、一般的に原因となる医薬品の使用開始から1~2日程度で起きることが多い。
c喘息は、一般的に原因となる医薬品を使用後、1~2週間程度で起きることが多い。
a b c
1正 誤 誤
2正 正 誤
3誤 正 誤
4誤 誤 正
5正 誤 正

【正解1】
a○

間質性肺炎は、一般的に原因となる医薬品の使用開始から1~2日ではなく、「1~2週間」程度で起きることが多い。

喘息は、一般的に原因となる医薬品を使用後、1~2週間程度ではなく「短時間(1時間以内)」で起きることが多い。

第3章 主な医薬品とその作用

問 1 かぜ薬(総合感冒薬)の配合成分とその配合目的の組合せの正誤について、正しい組合せはどれか。

aメキタジン - くしゃみや鼻汁を抑える
bジフェンヒドラミン塩酸塩 - 発熱を鎮め、痛みを和らげる
cデキストロメトルファン臭化水素酸塩 - 咳を抑える
dグアイフェネシン - 痰の切れを良くする
a b c d
1正 誤 正 正
2誤 正 正 誤
3正 誤 正 誤
4誤 正 誤 誤
5誤 誤 誤 正

【正解1】
a○

ジフェンヒドラミン塩酸塩は抗ヒスタミン成分。
aの選択肢同様、くしゃみや鼻汁を抑える。
c○
d○

問 2 次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症を生じることが知られている。

1半夏厚朴湯
2柴胡桂枝湯
3葛根湯
4小青竜湯
5香蘇散

【正解4】

問 3 解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a解熱鎮痛薬は、頭痛に対し、症状が軽いうちに服用すると効果的であるが、症状が現れないうちに予防的に使用することは適切ではない。
bアセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすほか、末梢における抗炎症作用が期待できる。
cボウイは、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎を、通例、横切したものを基原とする生薬で、鎮痛、尿量増加(利尿)等の作用を期待して用いられる。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 正
3正 誤 誤
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解2】
a○

アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすが、そのため末梢における抗炎症作用は期待できない。
c○

問 4 次の解熱鎮痛薬の配合成分のうち、ピリン系解熱鎮痛成分として正しいものはどれか。

1アスピリン(アセチルサリチル酸)
2サザピリン
3エテンザミド
4サリチルアミド
5イソプロピルアンチピリン

【正解5】

問 5 解熱鎮痛薬の配合成分に関する次の記述について、(  )に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

イブプロフェンは( a )の産生を( b )することで消化管粘膜の防御機能を低下させるため、消化管に広範に炎症を生じる疾患である胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎又はクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。また、出産予定日12週以内の妊婦については、( c )とされている。

1aプロスタグランジン b促進 c服用してもよい
2aプロスタグランジン b抑制 c服用しないこと
3aプロスタグランジン b促進 c服用しないこと
4aインスリン b促進 c服用してもよい
5aインスリン b抑制 c服用しないこと

【正解2】
イブプロフェンは( aプロスタグランジン )の産生を( b抑制 )することで消化管粘膜の防御機能を低下させるため、消化管に広範に炎症を生じる疾患である胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎又はクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。また、出産予定日12週以内の妊婦については、( c服用しないこと )とされている。

問 6 眠気を促す薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a抑肝散は、体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に適すとされる。
bチョウトウコウは、クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子を基原とする生薬で、神経の興奮・緊張緩和を期待して配合される。
c加味帰脾湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、 不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。
a b c
1正 正 正
2正 誤 正
3正 誤 誤
4誤 正 誤
5誤 正 正

【正解2】
a○

チョウトウコウは、神経の興奮・緊張緩和を期待して配合されるが、アカネ科のカギカズラ、ウンカリア・シネンシス又はウンカリア・マクロフィラの通例とげを基原とする生薬。
クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子を基原とする生薬はサンソウニン。
c○

問 7 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aジプロフィリンは、不安や緊張などの心理的な要因を和らげることを目的として配合される鎮静成分である。
bジメンヒドリナートは、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。
cメクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く、持続時間は短い。
dジフェニドール塩酸塩は、排尿困難の症状がある人や緑内障の診断を受けた人では、その症状を悪化させるおそれがある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

ジプロフィリンは、キサンチン系。脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として配合される。
不安や緊張などの心理的な要因を和らげることを目的として配合される鎮静成分は、ブロモバレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素。
b○

メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが「遅く」、持続時間は「長い」。
d○

問 8 鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aトリメトキノール塩酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。
bジメモルファンリン酸塩は、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑えることを目的として用いられる。
cクレゾールスルホン酸カリウムは、口腔咽喉薬の効果を兼ねたトローチ剤やドロップ剤において、殺菌消毒成分として配合されている。
a b c
1正 正 正
2誤 正 正
3誤 誤 正
4正 誤 誤
5正 正 誤

【正解5】
a○
b○

記載は、セチルピリジニウム塩化物等の内容。
クレゾールスルホン酸カリウムは、気道粘膜からの粘液の分泌を促進する作用を示す去痰成分。

問 9 鎮咳去痰薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aノスカピン塩酸塩は、気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させることにより、咳や喘息の症状を鎮めることを目的として配合される。
bカルボシステインは、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させるとと もに、粘液成分の含量比を調整することにより、痰の切れを良くすることを目的として配合される。
c麦門冬湯は、体力中等度以上で、咳が強くでるものの咳、気管支喘息、気管支炎、小児喘息、 感冒、痔の痛みに用いられるが、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人等には不向きとされる。
a b c
1正 正 正
2正 誤 誤
3誤 正 誤
4誤 正 正
5誤 誤 正

【正解3】

記載はジプロフィリン等のキサンチン系成分。
ノスカピン塩酸塩は、中枢神経系に作用して咳を抑えることを目的として配合される鎮咳成分。
b○

記載は五虎湯。
麦門冬湯は「体力中等度以下で、痰が切れにくく、ときに強く咳こみ、又は咽頭の乾燥感があるものの空咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、いわがれ声に適すとされるが、水様痰の多い人には不向きとされている」。

問 10 口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

aアズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、口腔内や喉に付着した細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。
bクロルヘキシジン塩酸塩は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して用いられる。
cポビドンヨードが配合された含嗽薬では、その使用によって銀を含有する歯科材料(義歯等) が変色することがある。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 正
3正 誤 誤
4誤 正 正
5誤 誤 正

【正解5】

アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合される。
口腔内や喉に付着した細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられるのは、クロルヘキシジン塩酸塩等の殺菌消毒成分。

上記aの解説どおり。
c○

問 11 胃腸に作用する薬に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a制酸薬は、胃液の分泌低下に伴う腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする。
b消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする。
c細菌性の下痢や食中毒のときには、収斂成分を主体とする止瀉薬を使用すべきである。
d制酸成分と健胃成分は、同時に配合されることもある。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

制酸薬は、胃液の分泌「亢進」による胃酸過多や、それに伴う吐きけ等の症状を緩和することを目的とする医薬品である。
b○

細菌性の下痢や食中毒のときに、収斂成分を主体とする止瀉薬を使用して腸の運動を鎮めると、かえって状態を悪化させるおそれがある。
d○

問 12 胃の薬の配合成分とその目的とする作用の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

a炭酸水素ナトリウム - 消泡
bゲファルナート - 胃粘膜保護・修復
cテプレノン - 苦味による健胃
dロートエキス - 胃液分泌抑制
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

炭酸水素ナトリウムは、中和反応によって胃酸の働きを弱める制酸成分。
消泡は、ジメチルポリシロキサン(別名ジメチコン)。
b○

テプレノンは、胃粘膜保護・修復。
苦味による健胃なら、オウバク・オウレン・センブリ等。
d

問 13 止瀉薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aオウバクは、収斂作用のほか、抗菌作用、抗炎症作用も期待して用いられる。
b木クレオソートは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的として用いられる。
cロペラミド塩酸塩が配合された止瀉薬は、食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢のほか、食あたりや水あたりによる下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
d次没食子酸ビスマスは、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
a b c d
1正 正 正 誤
2正 誤 誤 正
3正 誤 誤 誤
4誤 正 誤 誤
5誤 誤 正 正

【正解3】
a○

記載は、吸着成分の炭酸カルシウム等の記載。
木クレオソートは、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として配合される。

ロペラミド塩酸塩が配合された止瀉薬は、食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢に用いられるが、食あたりや水あたりによる下痢については適用でない。

次没食子酸ビスマスは、収斂成分。細菌感染による下痢に使用して腸の運動を鎮めるとかえって状態を悪化させるおそれがある。

問 14 瀉下薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aジオクチルソジウムスルホサクシネートは、腸内細菌によって分解(発酵)して生じるガスによって便通を促すことを目的として用いられる。
b酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより、糞便中の水分量を減らす作用がある。
cビサコジルは、大腸のうち特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すと考えられている。
dマルツエキスは、瀉下薬としては比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解5】

記載は、マルツエキス。
ジオクチルソジウムスルホサクシネートは、腸内容物に水分が浸透しやすくする作用があり、糞便中の水分量を増して柔らかくすることによる瀉下作用を期待して用いられる。

酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより、糞便中の水分量を減らすのではなく、「水分量を増す」作用がある。
c○
d○

問 15 次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。

1桔梗湯
2麻子仁丸
3牛車腎気丸
4大黄牡丹皮湯
5桂枝加芍薬湯

【正解2】

問 16 胃腸に作用する薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aエンゴサク(ケシ科のエンゴサクの塊茎)は、鎮痛鎮痙作用を期待して用いられる。
bメチルベナクチジウム臭化物は、交感神経の伝達物質であるノルアドレナリンと受容体の反応を妨げることで、消化管の運動や胃液の分泌を抑える。
cパパベリン塩酸塩は、抗コリン成分であり、胃腸の痙攣を鎮める作用のほか、胃液分泌抑制作用も示す。
dオキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされ、胃腸鎮痛鎮痙薬と制酸薬の両方の目的で使用される。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解3】
a○

メチルベナクチジウム臭化物は、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンと受容体の反応を妨げる抗コリン成分。

パパベリン塩酸塩は、胃腸の痙攣を鎮める作用を示すとされるが、抗コリン成分とは異なる。
d○

問 17 駆虫薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aマクリ(フジマツモ科のマクリの全藻を基原とする生薬)は、回虫の駆除を目的として配合される。
bサントニンは、 蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされるが、尿や糞便が赤く着色することがある。
cパモ酸ピルビニウムは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として配合される。
d駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すために併用する瀉下薬として、ヒマ シ油が用いられる。
a b c d
1正 誤 誤 誤
2誤 誤 正 誤
3誤 正 正 正
4正 誤 誤 正
5正 正 正 正

【正解1】
a○

記載は、パモ酸ピルビニウム。
サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

記載はサントニン。パモ酸ピルビニウムは選択肢bのとおり。

駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すためにヒマシ油を使用すると腸管内で駆虫成分が吸収されやすくなり、副作用を生じる危険性が高まるため、併用は避ける必要がある。

問 18 強心薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aレイヨウカクは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄の幼角を用いた生薬で、強心作用のほか、強壮、血行促進等の作用があるとされる。
bジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高める等の作用があるとされる。
cインヨウカクは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下等の作用があるとされる。
dジンコウは、ウグイスガイ科のアコヤガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。
a b c d
1正 正 正 正
2正 正 誤 誤
3正 誤 誤 正
4誤 誤 正 正 
5誤 正 誤 誤 

【正解5】

記載は、ロクジョウの内容。
レイヨウカクは、ウシ科のサイカレヨウ等の角を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮める作用等を期待して用いられる。
b○

記載はゴオウの内容。
インヨウカクは、メギ科のイカリソウ等の地上部を基原とする生薬。

記載はシンジュの内容。
ジンコウは、ジンチョウゲ科のジンコウ等の黒色樹脂が沈着した部分を採取したものを基原とする生薬で、沈静、健胃、強壮などの作用を期待して用いられる。

問 19 コレステロールに関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

コレステロールは水に( a )物質であるため、血液中では血漿タンパク質と結合したリポタンパク質となって存在する。リポタンパク質は比重によっていくつかの種類に分類されるが、そのうち低密度リポタンパク質(LDL)は、コレステロールを( b )から( c )へと運ぶリポタンパク質である。

1a溶けやすい b末梢組織 c肝臓
2a溶けやすい b肝臓 c末梢組織
3a溶けにくい b末梢組織 c肝臓
4a溶けにくい b肝臓 c末梢組織
5a溶けにくい b末梢組織 c腎臓

【正解4】
コレステロールは水に( a溶けにくい )物質であるため、血液中では血漿タンパク質と結合したリポタンパク質となって存在する。リポタンパク質は比重によっていくつかの種類に分類されるが、そのうち低密度リポタンパク質(LDL)は、コレステロールを( b肝臓 )から( c末梢組織 )へと運ぶリポタンパク質である。

問 20 次の記述にあてはまる循環器用薬の配合成分はどれか。

心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果を示すとされ、軽度な心疾患により日常生活の身体活動を少し越えたときに起こる動悸、息切れ、むくみの症状に用いられる。小児において心疾患によるこれらの症状があるような場合には、医師の診療を受けることが優先されるべきであり、15歳未満の小児向けの一般用医薬品はない。

1ルチン
2コウカ
3ユビデカレノン
4ヘプロニカート
5イノシトールヘキサニコチネート

【正解3】

問 21 痔及び痔疾用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a痔瘻は、肛門に存在する細かい血管群が部分的に拡張し、肛門内にいぼ状の腫れが生じたもので、一般に「いぼ痔 」と呼ばれる。
b裂肛は、肛門の出口からやや内側の上皮に傷が生じた状態であり、一般に「切れ痔」(又は「裂け痔」)と呼ばれる。
c乙字湯、 芎帰膠艾湯のいずれも、構成生薬としてカンゾウを含む。
a b c
1正 誤 正
2正 正 誤
3誤 正 正
4正 誤 誤 
5誤 正 誤 

【正解3】

記載は、痔核の内容。
痔瘻は、肛門内部に存在する肛門腺窩と呼ばれる小さなくぼみに糞便の滓が溜まって炎症・化膿を生じた状態。
b○
c○

問 22 泌尿器用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aカゴソウは、煎薬として残尿感、排尿に際して不快感のあるものに用いられる。
b竜胆瀉肝湯は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(おりもの)、頻尿に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
c猪苓湯は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。
a b c
1正 正 正
2誤 誤 正
3誤 正 正
4正 誤 誤
5誤 正 誤

【正解1】
a○
b○
c○

問 23 婦人薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aコウブシは、鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して配合されている場合がある。
b温経湯は、体力中等度以下で、手足がほてり、唇が乾くものの月経不順、月経困難、こしけ (おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれに 適とされ、構成生薬としてカンゾウを含む。
c五積散は、体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、 打撲症に適すとされ、構成生薬としてダイオウを含む。
d桃核承気湯は、体力中等度又はやや虚弱で冷えがあるものの胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、更年期障害、感冒に適すとされ、構成生薬としてマオウを含む。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○


cとdの記載が逆。cの記載が桃核承気湯でdが五積散の内容。

問 24 内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aアゼラスチンは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す。
bベラドンナは、ナス科の草本で、その葉や根に、交感神経系の働きを抑える作用を示すアルカロイドを含む。
cサイシンは、ウマノスズクサ科のウスバサイシン又はケイリンサイシンの根及び根茎を基原とする生薬で、鼻閉への効果を期待して用いられる。
dヨウ化イソプロパミドは、皮膚や鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として配合されている。
a b c d
1正 正 誤 正
2誤 誤 正 誤
3誤 正 正 正
4正 正 誤 誤
5正 誤 正 誤

【正解5】
a○

ベラドンナは、ナス科の草本で、その葉や根に、「副」交感神経系の働きを抑える作用を示すアルカロイドを含む。
c○

ヨウ化イソプロパミドは、抗炎症ではなく抗コリン成分。
副交感神経系の働きを抑えることによって、鼻汁分泌やくしゃみを抑えることを目的に配合される。

問 25 内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)として用いられる漢方処方製剤のうち、構成生薬としてマオウを含むものはどれか。

1茵蔯蒿湯
2十味敗毒湯
3消風散
4当帰飲子
5葛根湯加川芎辛夷

【正解5】

問 26 鼻炎用点鼻薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aクロモグリク酸ナトリウムは、鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止することを目的として配合されている。
bテトラヒドロゾリン塩酸塩は、局所麻酔成分であり、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑えることを目的として配合されている。
cリドカインは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑えることを目的として配合されている。
dナファゾリン塩酸塩は、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的として用いられる。
a b c d
1正 正 誤 正
2誤 誤 誤 正
3正 誤 正 正
4正 誤 正 誤
5誤 正 誤 誤

【正解2】

クロモグリク酸ナトリウムは、抗アレルギー成分。鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止することを目的として配合されているのは、ベンザルコニウム塩化物等の殺菌消毒成分。

テトラヒドロゾリン塩酸塩は、アドレナリン作動成分。交感神経系を刺激して、鼻粘膜を通っている血管を収縮させることにより、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的に配合される。
局所麻酔成分はリドカイン等。

リドカインは局所麻酔成分。
肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑えることを目的として配合されている抗アレルギー成分はクロモグリク酸ナトリウム。
d○

問 27 眼科用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aイプシロン‐アミノカプロン酸は、新陳代謝を促し、目の疲れを改善する目的で用いられる。
bスルファメトキサゾールは、眼粘膜のタンパク質と結合して皮膜を形成し、外部の刺激から保護する目的で用いられる。
cホウ酸は、洗眼薬として用時水に溶解し、結膜嚢の洗浄・消毒に用いられる。
dコンドロイチン硫酸ナトリウムは、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解5】

イプシロン‐アミノカプロン酸は、抗炎症成分。
新陳代謝を促し、目の疲れを改善する目的で用いられるのは、アミノ酸成分。

スルファメトキサゾールは抗菌作用のサルファ剤。
眼粘膜のタンパク質と結合して皮膜を形成し、外部の刺激から保護する目的の収斂成分は、硫酸亜鉛水和物。
c○
d○

問 28 外皮用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aヒドロコルチゾンは、末梢組織(患部局所)における炎症を抑える作用を示すが、副作用と して、細菌、真菌、ウイルス等による皮膚感染や持続的な刺激感が現れることがある。
bイブプロフェンピコノールは、吹き出物に伴う皮膚の発赤や腫れを抑えるほか、吹き出物(面皰 )の拡張を抑える作用があるとされる。
cデキサメタゾンは、分子内に副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)と共通する化学構造を持たずに抗炎症作用を示す非ステロイド性抗炎症成分である。
dカプサイシンは、創傷面に浸透して、その部位を通っている血管を収縮させることによる止血効果を期待して用いられる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

デキサメタゾンはステロイド性抗炎症成分。

記載は血管収縮成分で、ナファゾリン塩酸塩等のアドレナリン作動成分がをれにあたる。
カプサイシンは、温感刺激成分。皮膚に温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果を期待して配合される。

問 29 外皮用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aウフェナマートは、湿疹、皮膚炎、かぶれ、あせも等による皮膚症状の緩和を目的として用いられる。
bフェルビナクは、抗炎症作用に加え、殺菌作用もあるため皮膚感染症の改善を目的としても用いられる。
c喘息を起こしたことがある人では、インドメタシンが配合された外皮用薬の使用を避ける必要がある。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 正
3誤 正 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解2】
a○

フェルビナクに殺菌作用はない。
c○

問 30 角質軟化薬及び化膿性皮膚疾患用薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a硫酸フラジオマイシン(フラジオマイシン硫酸塩)は、細菌のタンパク質合成を阻害することによる抗菌作用を目的として用いられる。
bスルファジアジンは、細菌のDNA合成を阻害することによる抗菌作用を目的として用いられる。
cグリセリンは、皮膚の角質層を構成するケラチンを変質させることによる角質軟化作用を目的として用いられる。
d尿素は、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善することを目的として用いられる。
a b c d
1正 正 正 正
2正 正 誤 正
3正 誤 正 誤
4誤 正 正 誤
5誤 誤 誤 正

【正解2】
a○
b○

記載は、イオウの内容。
グリセリンは、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善することを目的として用いられる。
d○

問 31 みずむし・たむし用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれ か。

aブテナフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える目的で用いられる。
bオキシコナゾール硝酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える目的で用いられる。
cウンデシレン酸は、皮膚糸状菌の細胞膜に作用して、その増殖・生存に必要な物質の輸送機能を妨げることにより、その増殖を抑える目的で用いられる。
dピロールニトリンは、患部を酸性にすることにより、皮膚糸状菌の発育を抑える目的で用いられる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

記載はシクロピロクスオラミンについて。
ウンデシレン酸は、患部を酸性にすることにより、皮膚糸状菌の発育を抑える目的で用いられる。

記載はウンデシレン酸について。
ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑える。

問 32 次の記述にあてはまる毛髪用薬の配合成分はどれか。

末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。副作用として、コリン作用による局所又は全身性の発汗、それに伴う寒気、震え、吐きけが現れることがある。

1カルプロニウム塩化物
2カシュウ
3チクセツニンジン
4エストラジオール安息香酸エステル
5ヒノキチオール

【正解1】

問 33 歯痛・歯槽膿漏薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aカンフルは、冷感刺激を与えて知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して配合されている。
bサンシシは、アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬で、局所麻酔作用を期待して用いられる。
cチモールは、炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用を期待して配合されている。
a b c
1正 正 誤
2誤 正 誤
3正 正 正
4正 誤 誤
5誤 誤 正

【正解4】
a○

サンシシは、アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬だが、局所麻酔作用ではなく抗炎症作用を期待して用いられる。

記載はアラントインの内容。
チモールは殺菌消毒成分。歯肉溝での細菌の繁殖を抑えることを目的に配合される。

問 34 禁煙補助剤(咀嚼剤)及びその配合成分に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。なお、2箇所の( a )内にはどちらも同じ字句が入る。

口腔内が( a )になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーなど口腔内を( a )にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。また、ニコチンは( b )を興奮させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品(鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、痔疾用薬等)との併用により、その作用を( c )させるおそれがある。

1a酸性 b副交感神経系 c増強
2a酸性 b交感神経系 c増強
3a酸性 b副交感神経系 c減弱
4aアルカリ性 b交感神経系 c増強
5aアルカリ性 b副交感神経系 c減弱

【正解2】
口腔内が( a酸性 )になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーなど口腔内を( a酸性 )にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。また、ニコチンは( b交感神経系 )を興奮させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品(鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、痔疾用薬等)との併用により、その作用を( c増強 )させるおそれがある。

問 35 ビタミン主薬製剤(いわゆるビタミン剤)の配合成分とその配合目的の組合せのうち、 正しいものの組合せはどれか。

aシアノコバラミン - 日焼けによる色素沈着の症状の緩和
bリボフラビン酪酸エステル - 肉体疲労時におけるビタミンB2の補給
cエルゴカルシフェロール - くる病の予防
dアスコルビン酸 - 脚気の症状の緩和
  • 1(a、c)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解3】

記載はアスコルビン酸の内容。
シアノコバラミンは、赤血球の形成を助け、神経機能を正常に保つために重要な栄養素。
b○
c○

記載はチアミン塩化物塩酸塩等の内容。
アスコルビン酸は、日焼けによる色素沈着の症状の緩和等。

問 36 滋養強壮保健薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aアミノエチルスルホン酸(タウリン)は、生体におけるエネルギーの産生効率を高めるとされ、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す働きを期待して用いられる。
b補中益気湯は、体力虚弱で元気がなく、胃腸の働きが衰えて、疲れやすいものの虚弱体質、 疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、寝汗、感冒に適すとされる。
cシステインは、肝臓においてアルコールを分解する酵素の働きを助け、アセトアルデヒドの代謝を促す働きがあるとされる。
a b c
1正 誤 正
2正 誤 誤
3誤 正 正
4正 正 誤
5誤 誤 正

【正解3】

記載はアスパラギン酸ナトリウムの内容。
アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、細胞の機能が正常に働くために重要な物質であり、肝臓機能を改善する働きがあるとされる。
b○
c○

問 37 漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a防風通聖散は、体力中等度以上で、赤ら顔でときにのぼせがあるもののにきび、顔面・頭部の湿疹・皮膚炎、赤鼻(酒さ)に適すとされる。
b防已黄耆湯は、体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症、湿疹・皮膚炎、ふきでもの、肥満症に適すとされる。
c黄連解毒湯は、体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適すとされる。
d大柴胡湯は、体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症に適すとされる。
a b c d
1正 正 誤 正
2正 正 誤 誤
3誤 正 正 誤
4誤 誤 正 正
5誤 誤 誤 正

【正解5】

記載は清上防風湯の内容。

bが防風通聖散の内容。

cが防已黄耆湯の内容。
黄連解毒湯は,体力中等度以上で、のぼせきみで顔色赤く、いらいらしhて落ち着かない傾向のあるものの鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎に適すとされる。
d○

問 38 生薬成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aシンイは、アケビ科のアケビ又はミツバアケビの蔓性の茎を、通例、横切りしたものを基原とする生薬で、泌尿器用薬では尿量増加(利尿)を期待して用いられる。
bオウゴンは、シソ科のコガネバナの周皮を除いた根を基原とする生薬で、内用痔疾用薬では主に抗炎症作用を期待して用いられる。
cジュウヤクは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。
dオンジは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、鎮咳去痰薬では去痰作用を期待して用いられる。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

記載は、モクツウの内容。
シンイは、モクレン科のタムシバ、コブシ、ボウシュンカ、マグノリア・スプレンゲリ又はハクモクレン等の蕾を基原とする生薬で、鎮静、鎮痛の作用を期待して用いられる。
b○

記載は、ブクリョウの内容。
ジュウヤクは、ドクダミ科のドクダミの花期の地上部を基原をする生薬で、大腸刺激による瀉下作用を期待して配合される。
d○

問 39 殺虫剤の配合成分とその分類の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

aオルトジクロロベンゼン - オキサジアゾール系
bジクロルボス - 有機リン系
cペルメトリン - ピレスロイド系
dフェノトリン - カーバメイト系
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解3】

オルトジクロロベンゼンは、オキサジアゾール系ではなく、有機塩素系殺虫成分。
b○
c○

フェノトリンは、カーバメイト系ではなく、ピレスロイド系殺虫成分。

問 40 妊娠検査薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a一般的な妊娠検査薬は、月経予定日が過ぎて概ね1週目以降の検査が推奨されている。
b絨毛細胞が腫瘍化している場合には、妊娠していなくてもヒト 絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)が分泌され、検査結果が陽性となることがある。
c尿中hCGの検出反応は、hCGと特異的に反応する抗体や酵素を用いた反応であるため、 温度の影響は受けない。
d検体としては、尿中hCGが検出されやすい早朝尿(起床直後の尿)が向いているが、尿が濃すぎると、かえって正確な結果が得られないことがある。
a b c d
1正 正 誤 正
2誤 正 誤 正
3誤 誤 正 正
4正 誤 正 誤
5正 正 正 誤

【正解1】
a○
b○

尿中hCGの検出反応は、hCGと特異的に反応する抗体や酵素を用いた反応であるため、 温度の影響を受けることがある。
d○

第4章 薬事に関する法規と制度

問 1 次の記述は、医薬品医療機器等法第1条の抜粋である。( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。なお、2箇所の( a )、( b )内にはどちらも同じ字句が入る。

この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び( a )の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による( b )上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、( c )の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び( a )の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、( b )の向上を図ることを目的とする。

1a再生医療等製品 b国民生活 c危険ドラッグ
2a再生医療等製品 b国民生活 c指定薬物
3a再生医療等製品 b保健衛生 c指定薬物
4a生物由来製品 b国民生活 c指定薬物
5a生物由来製品 b保健衛生 c危険ドラッグ

【正解3】
この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び( a再生医療等製品 )の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による( b保健衛生 )上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、( c指定薬物 )の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び( a再生医療等製品 )の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、( b保健衛生 )の向上を図ることを目的とする。

問 2 医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a日本薬局方に収載されている医薬品の中には、一般用医薬品として販売されている、又は一般用医薬品の成分として配合されているものもある。
b着色のみを目的として、厚生労働省令で定めるタール色素以外のタール色素が使用されている医薬品は、販売してはならない。
c人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているものは、全て医薬品である。
d一般用医薬品又は要指導医薬品では、注射等の侵襲性の高い使用方法は用いられていない。
a b c d
1正 誤 正 誤
2正 誤 誤 正
3誤 正 正 誤
4誤 誤 正 正
5正 正 誤 正

【正解5】
a○
b○

人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているものであって「機械器具等でないもの」が医薬品である。
d○

問 3 要指導医薬品及び一般用医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a要指導医薬品は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
b第一類医薬品には、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがあるすべての一般用医薬品が指定される。
c第二類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するものを指定第二類医薬品としている。
d第三類医薬品は、副作用等により身体の変調や不調が起こるおそれのない一般用医薬品である。
a b c d
1正 正 誤 正
2誤 正 正 誤
3正 誤 誤 誤
4正 誤 正 誤
5誤 誤 誤 正

【正解4】
a○

第一類医薬品には、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品「のうち、その使用に関し特に注意が必要なものとして」厚生労働大臣が指定する。
c○

「副作用等により身体の変調や不調が起こるおそれのない」医薬品はない。
第三類医薬品は、保健衛生上のリスクが比較的低い一般用医薬品である。

問 4 医薬品医療機器等法に基づく毒薬及び劇薬に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a店舗管理者が登録販売者である店舗販売業者は、劇薬を開封して販売してはならない。
b毒薬又は劇薬は、14歳未満の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することが禁止されている。
c要指導医薬品で毒薬又は劇薬に該当するものはない。
d業務上劇薬を取り扱う者は、劇薬を他の物と区別して貯蔵、陳列しなければならず、劇薬を貯蔵、陳列する場所については、かぎを施さなければならない。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

要指導医薬品で毒薬又は劇薬に該当するものは「一部に限られている」。

かぎを施さなければならないのは「毒薬」。
劇薬の保管にかぎは不要。

問 5 医薬品医療機器等法第50条に基づき、医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載されていなければならない事項のうち、正しいものの組合せはどれか。ただし、厚生労働省令で定める表示の特例に関する規定は考慮しなくてよい。

a製造番号又は製造記号
b効能又は効果
c製造業者の氏名又は名称及び住所
d重量、容量又は個数等の内容量
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(b、d)

【正解3】
a○

効能又は効果は、添付文書等の記載でよい。

製造業者ではなく「製造販売業者等の」氏名又は名称及び住所が法定表示事項
d○

問 6 医薬部外品及び化粧品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a防除用医薬部外品については、直接の容器又は直接の被包に「指定医薬部外品」と表示しなければならない。
b化粧品を業として販売、授与又は販売若しくは授与の目的で貯蔵、若しくは陳列する場合には、医薬品医療機器等法に基づき、化粧品の販売業の許可を受ける必要がある。
c医薬部外品を業として製造販売する場合には、医薬品医療機器等法に基づき、医薬部外品の製造販売業の許可を受ける必要がある。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 誤
3正 誤 正
4誤 正 正
5誤 誤 正

【正解5】

防除用医薬部外品について、直接の容器又は直接の被包に表示しなければならないのは「防除用医薬部外品」である。
「指定医薬部外品」は、かつては医薬品であったが、医薬部外品へ移行された製品群。

化粧品は、医薬品のような販売業の許可は必要なく、一般小売店において販売することができる。
c○

問 7 食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a特別用途食品は、消費者庁の許可等のマークが付されている。
b機能性表示食品は、販売前に安全性及び機能性に関する審査を受け、消費者庁長官の許可を取得する必要がある。
c栄養機能食品は、栄養成分の機能表示に関して、消費者庁長官の許可は要さない。
d健康食品とは、健康増進法で定義されたものをいう。
a b c d
1正 正 誤 誤
2誤 正 正 誤
3正 誤 誤 正
4誤 誤 誤 正
5正 誤 正 誤

【正解5】
a○

機能性表示食品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。
c○

健康食品とは、健康増進法で定義されたものではなく、一般に用いられているものである。

問 8 医薬品の販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品の販売業の許可は、医薬品医療機器等法第25条において、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。
b卸売販売業の許可を受けた者は、業として一般の生活者に対して直接医薬品を販売することができる。
c医薬品販売業の許可は、5年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 誤
3正 正 正
4誤 正 正
5誤 誤 誤

【正解2】
a○

卸売販売業の許可を受けた者は、業として一般の生活者に対して直接医薬品を販売等を行うことは認められていない。

5年ごとではなく、6年ごとである。

問 9 薬局に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a薬局開設者が登録販売者であるときは、自ら管理者となることができる。
b調剤を実施する薬局は、医療法における医療提供施設として位置づけられる。
c病院又は診療所の調剤所は、薬局としての開設の許可を受けなければ、薬局の名称を付してはならない。
d薬局において医薬品の販売を行うためには、薬局の許可と併せて店舗販売業の許可も受けなければならない。
a b c d
1正 正 誤 誤
2誤 誤 正 正
3正 誤 正 誤
4誤 誤 誤 正
5誤 正 誤 誤

【正解5】

薬局管理者は薬剤師でなければならない。
b○

病院又は診療所の調剤所は、開設の許可から除かれる。

薬局では医薬品の調剤と併せて、店舗により医薬品の販売を行うことが認められている。

問 10 配置販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a配置販売業者は、一般用医薬品のうち経年変化が起こりにくいこと等の基準(配置販売品目基準)に適合するもの以外の医薬品を販売してはならない。
b配置販売業者は、申請者の住所地の都道府県知事から許可を受ければ、全国で配置販売を行うことができる。
c配置販売業は、購入者の居宅に医薬品をあらかじめ預けておき、購入者がこれを使用した後でなければ代金請求権を生じないといった販売形態である。
d配置販売業者又はその配置員は、その住所地の都道府県知事が発行する身分証明書の交付を受け、かつ、これを携帯しなければ、医薬品の配置販売に従事してはならない。
a b c d
1正 誤 正 正
2誤 正 正 正
3正 正 正 誤
4誤 正 誤 誤
5正 誤 誤 正

【正解1】
a○

配置販売業者は、申請者の住所地の都道府県知事が発行する身分証明書の交付をうけ、携帯するとともに、配置販売を従事しようとするときは、あらかじめ従事しようとする区域の都道府県知事に届け出なければならない。
c○
d○

問 11 医薬品医療機器等法に基づき店舗販売業者が行う一般用医薬品のリスク区分に応じた情報提供等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a第一類医薬品を販売又は授与する場合には、その店舗において医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師に、書面を用いて、必要な情報を提供させなければならない。
b指定第二類医薬品を販売又は授与する場合には、当該指定第二類医薬品を購入しようとする者等が、禁忌事項を確認すること及び当該医薬品の使用について薬剤師又は登録販売者に相談することを勧める旨を確実に認識できるようにするために必要な措置を講じなければならない。
cその店舗において第三類医薬品を購入した者から相談があった場合には、その店舗において医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、必要な情報を提供させなければならない。
a b c
1正 正 正
2正 正 誤
3正 誤 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解1】
a○
b○
c○

問 12 店舗販売業者が要指導医薬品を販売したときに書面に記載しなければならない事項として、医薬品医療機器等法施行規則第146条第3項に規定されていないものはどれか。

1品名
2数量
3販売した日時
4購入者の年齢
5購入者が情報提供の内容を理解したことの確認の結果

【正解4】

問 13 医薬品の陳列若しくは配置に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a配置販売業者は、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在させないように配置しなければならない。
b薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別することなく陳列することができる。
c薬局開設者は、要指導医薬品を薬局等構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画の内部 の陳列設備、かぎをかけた陳列設備、又は要指導医薬品を購入しようとする者等が直接手の触れられない陳列設備に陳列しなければならない。
d店舗販売業者は、第三類医薬品を、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解2】
a○

薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別することなく陳列することができる。
c○

記載は指定第二類医薬品の内容。
第三類医薬品の陳列については、リスク区分ごとに混合しないようにという注意事項以外は特にない。

問 14 医薬品医療機器等法施行規則第149条の10の規定に基づき、配置販売業者が、一般用医薬品を配置するときに添える書面に記載しなければならない事項として、誤っているものはどれか。

1区域管理者の氏名
2取り扱う一般用医薬品の区分
3配置に従事する登録販売者の外部研修の受講履歴
4第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説
5個人情報の適正な取扱いを確保するための措置

【正解3】

問 15 医薬品医療機器等法施行規則第147条の7の規定に基づき、店舗販売業者が行う特定販売に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a当該店舗に貯蔵し、又は陳列している一般用医薬品のみ販売することができる。
b特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、店舗の主要な外観の写真を表示しなければならない。
c特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、特定販売を行う医薬品の使用期限を表示しなければならない。
d特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、現在勤務している薬剤師又は登録販売者の氏名及び写真を表示しなければならない。
a b c d
1正 正 正 誤
2正 誤 正 正
3誤 誤 正 誤
4正 正 誤 正
5誤 正 誤 正

【正解1】
a○
b○
c○

特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合、現在勤務している薬剤師又は登録販売者の氏名の表示は必要だが、「写真」の規定はない。
写真が必要なのは、店舗外観と陳列状況。

問 16 次の成分(その水和物及びそれらの塩類を含む。)を有効成分として含有する製剤のうち、濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品(平成26年厚生労働省告示第252号)として、正しいものの組合せはどれか。

aアセトアミノフェン
bコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
cプソイドエフェドリン
dインドメタシン
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解3】

問 17 医薬品の広告に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品の効能、効果等について、医師その他の者がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。
b一般用医薬品の販売広告としては、製薬企業等の依頼によりマスメディアを通じて行われる もののほか、薬局、店舗販売業又は配置販売業において販売促進のため用いられるチラシやダ イレクトメール(電子メールを含む)も含まれる。
c漢方処方製剤の効能効果は、配合されている個々の生薬成分が相互に作用しているため、それらの構成生薬の作用を個別に挙げて説明することは不適当である。
a b c
1正 正 正
2正 正 誤
3正 誤 誤
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解1】
a○
b○
c○

問 18 医薬品の販売方法等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aキャラクターグッズ等の景品類を提供して販売することは、不当景品類及び不当表示防止法の限度内であっても認められていない。
b購入者の利便性のため異なる複数の医薬品を組み合わせて販売する場合、購入者に対して情報提供を十分に行える程度の範囲内であって、かつ、組み合わせることに合理性が認められるものでなければならない。
c医薬品を懸賞や景品として授与することは、原則として認められていない。
a b c
1正 誤 正
2正 誤 誤
3正 正 正
4誤 正 正
5誤 正 誤

【正解4】

キャラクターグッズ等の景品類を提供して販売することは、不当景品類及び不当表示防止法の「限度内であれば認められる」。
b○
c○

問 19 医薬品医療機器等法に基づく行政庁の監視指導及び処分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。なお、本設問において「都道府県知事」とは、「都道府県知事(薬局又は店舗販売業にあっては、その薬局又は店舗の所在地が保健所設置市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)」とする。

a都道府県知事は、店舗販売業における一般用医薬品の販売等を行うための業務体制が、基準(薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令)に適合しなくなった場合、店舗管理者に対して、その業務体制の整備を命ずることができる。
b都道府県知事は、当該職員(薬事監視員)に、薬局に立ち入り、不良医薬品の疑いのある物を、試験のため必要な最少分量に限り、収去させることができる。
c都道府県知事は、当該職員(薬事監視員)に、薬局に立ち入り、帳簿書類を収去させることができる。
a b c
1正 正 正
2正 誤 正
3誤 正 正
4誤 正 誤
5正 誤 誤

【正解4】

店舗管理者ではなく、「医薬品販売業者」に対してその業務体制の整備を命ずることができる。
b○

帳簿書類については立ち入り検査させることはできるが、収去はできない。
収去については「無承認医薬品、不良医薬品、不正表示医薬品等疑いのある物品を、試験のため必要な最少分量に限り」である。

問 20 医薬品の苦情相談窓口に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a生活者から行政庁へ寄せられた医薬品販売業者が行う広告や医薬品の販売方法に関しての苦情や相談の内容から、薬事に関する法令違反につながる情報が見出されることがある。
b独立行政法人国民生活センターは、生活者へのアドバイスを行っているが、行政庁へ通報することはない。
c医薬品の販売関係の業界団体・職能団体においては、一般用医薬品の販売に関する苦情を含めた様々な相談を購入者等から受け付ける窓口を設置し、業界内における自主的なチェックと自浄的是正を図る取り組みもなされている。
a b c
1正 正 正
2正 誤 正
3誤 正 正
4誤 正 誤
5正 誤 誤

【正解2】
a○

独立行政法人国民生活センターは、生活者へのアドバイスを行い、「必要に応じて行政庁への通報や問題提起をする」。
c○

第5章 医薬品の適正使用と安全対策

問 1 一般用医薬品の適正使用情報に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品は、効能・効果、用法・用量、起こり得る副作用等、その適正な使用のために必要な情報(適正使用情報)を伴って初めて医薬品としての機能を発揮するものである。
b添付文書の記載は、専門的な表現でなされており、一般の生活者には理解しにくいものになっている。
c添付文書に記載される薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質が簡潔な分かりやすい表現で示されたもので、販売名に薬効名が含まれているような場合には、薬効名の記載は省略されることがある。
d登録販売者は、添付文書等に記載されている内容を的確に理解した上で、その医薬品を購入又は使用する個々の生活者の状況に応じて、積極的な情報提供が必要と思われる事項に焦点を絞り、効果的かつ効率的な説明を行うことが重要である。
a b c d
1正 正 正 誤
2正 誤 正 正
3正 誤 誤 正
4誤 正 誤 誤
5誤 誤 正 誤

【正解2】
a○

添付文書の記載は、一般の生活者に理解しやすい平易な表現でなされている。
c○
d○

問 2 一般用医薬品(人体に直接使用しない検査薬を除く。)の添付文書等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a使用上の注意の「してはいけないこと」の項目には、守らないと症状が悪化する事項、副作用又は事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
b「相談すること」の項目には、その医薬品を使用する前に、使用の適否について専門家に相談すべき使用者の状況が記載されている。
c各製品のリスク区分が記載されている。
a b c
1正 正 正
2誤 誤 正
3正 誤 誤
4誤 正 誤
5正 正 誤

【正解1】
a○
b○
c○

問 3 一般用検査薬の添付文書等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a一般用検査薬には、使用目的及び使用方法が記載されている。
b妊娠検査薬には、使用者が一般の生活者であるので、検出感度は記載されていない。
c一般用検査薬では、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。
a b c
1正 正 正
2誤 誤 正
3正 誤 正
4正 正 誤
5誤 正 誤

【正解3】
a○

妊娠検査薬では、専門家による購入者等への情報提供の参考として、検出感度も記載されている。
c○

問 4 一般用医薬品の保管及び取扱い上の注意に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

aカプセル剤は、取り出したときに室温との急な温度差で湿気を帯びるおそれがあるため、冷蔵庫内での保管は不適当である。
b小児の手の届かないところに保管される必要がある。
cエアゾール製品の添付文書には、「保管及び取扱い上の注意」の項目に高圧ガス保安法に基づく注意事項が記載されているが、その容器への表示は義務づけられていない。
d点眼薬では、複数の使用者間で使い回されると、万一、使用に際して薬液に細菌汚染があった場合に、別の使用者に感染するおそれがあるため、他の人と共用しないこととされている。
a b c d
1誤 正 誤 正
2正 誤 正 誤
3誤 誤 正 正
4正 正 誤 正
5正 正 正 誤

【正解4】
a○
b○

容器への表示も義務づけられている。
d○

問 5 一般用医薬品の製品表示に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a使用期限の表示については、適切な保存条件の下で製造後1年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない。
b「保管及び取扱い上の注意」の項目のうち、医薬品の保管に関する事項については、購入者が製品を開封して添付文書に目を通すことが重要であるため、その容器や包装には記載されていない。
c副作用や事故等が起きる危険性を回避するため、1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)については、アルコールを含有する旨及 びその分量が記載されている。
a b c
1正 正 誤
2誤 誤 誤
3正 誤 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解5】

「製造後1年を超えて」ではなく、「製造後3年を超えて」性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない。

「保管及び取扱い上の注意」の項目のうち、医薬品の保管に関する事項については、購入者が製品を開封せずにそのまま保管する場合や持ち歩く場合があるため、添付文書を見なくても適切な保管がなされるよう、その容器や包装にも、保管に関する注意事項が記載されている。

問 6 医薬品等の緊急安全性情報に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a厚生労働省からの命令、指示に基づいて作成されるため、製造販売業者の自主決定に基づいて作成されることはない。
b独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報配信サービスによる配信、製造販売業者から医療機関や薬局等への直接の配布、ダイレクトメール、ファクシミリ、電子メール等により情報伝達されるものである。
cイエローレターとも呼ばれる。
d医薬品、医療機器又は再生医療等製品について、緊急かつ重大な注意喚起や使用制限に係る対策が必要な状況にある場合に作成される。
a b c d
1正 正 正 正
2誤 正 正 正
3正 誤 正 正
4正 正 誤 正
5正 正 正 誤

【正解2】

厚生労働省からの命令、指示、そして製造販売業者の自主決定に基づいて作成される。
b○
c○
d○

問 7 独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a製造販売業者等や医療機関等から報告された、医薬品による副作用が疑われる症例情報が掲載されている。
b医薬品等の製品回収に関する情報が掲載されている。
c新たに許可を取得した医薬品製造販売業者の情報が掲載されている。
a b c
1正 正 誤
2正 誤 正
3正 正 正
4誤 正 誤
5誤 誤 正

【正解1】
a○
b○

問 8 プソイドエフェドリン塩酸塩を含有する内服用の一般用医薬品の添付文書等における「次の人は使用(服用)しないこと」に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a喘息発作を誘発するおそれがあるため、ぜんそくを起こしたことがある人は服用しないよう記載されている。
b胃液の分泌が亢進し、胃潰瘍の症状を悪化させるおそれがあるため、胃潰瘍の診断を受けた人は服用しないよう記載されている。
c心臓病の症状を悪化させるおそれがあるため、心臓病の診断を受けた人は服用しないよう記載されている。
d肝臓でグリコーゲンを分解して血糖値を上昇させる作用があり、糖尿病を悪化させるおそれがあるため、糖尿病の診断を受けた人は服用しないよう記載されている。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解5】

喘息発作を誘発するおそれがあるため、ぜんそくを起こしたことがある人は服用しないよう記載されているのは、インドメタシン、フェルビナク、ケトプロフェン又はピロキシカムが配合された外用鎮痛消炎薬。

胃液の分泌が亢進し、胃潰瘍の症状を悪化させるおそれがあるため、胃潰瘍の診断を受けた人は服用しないよう記載されているのは、カフェイン。
c○
d○

問 9 次の一般用医薬品の配合成分と、その添付文書等において、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目中に「妊婦又は妊娠していると思われる人」と記載することとされている理由の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

aセンノシド - 子宮収縮が抑制されるため
bオキセサゼイン - 妊娠中における安全性は確立されていないため
cエチニルエストラジオール - 妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって、胎児の先天性異常の発生が報告されているため
dビフィズス菌 - 腸の急激な動きに刺激されて流産・早産を誘発するおそれがあるため
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(a、d)
  • 4(b、c)
  • 5(b、d)

【正解4】

センノシドは、「乳児に下痢を起こすおそれがあるため」。
「子宮収縮が抑制されるため」とあるのは、アスピリン、アスピリンアルミニウム、イヴプロフェン。
b○
c○

「腸の急激な動きに刺激されて流産・早産を誘発するおそれがあるため」とあるのは、ヒマシ油。

d○

問 10 次の医薬品成分等のうち、目のかすみや異常なまぶしさを生じることがあるため、それを含有することにより、内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「してはいけないこと」の項目中に「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」と記載することとされている成分等はどれか。

1芍薬甘草湯
2ピレンゼピン塩酸塩水和物
3ダイオウ
4合成ヒドロタルサイト
5無水カフェイン

【正解2】

問 11 抗ヒスタミン成分を主薬とする一般用医薬品である催眠鎮静薬(睡眠改善薬)の添付文書等の使用上の注意に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

aコーヒー等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないことと記載されている。
b肝臓病の診断を受けた人は使用(服用)しないことと記載されている。
c日常的に不眠の人、不眠症の診断を受けた人は使用(服用)しないことと記載されている。
d神経過敏、興奮を起こすおそれが大きいため、15歳未満の小児は使用(服用)しないことと記載されている。
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解5】

コーヒー等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないことと記載されているのは、カフェイン。

「肝臓病」の診断を受けた人は使用(服用)しないことと記載されているものはない。
c○
d○

問 12 次の医薬品成分を含有する内服用の胃腸薬である一般用医薬品の添付文書等において、長期間服用した場合に、アルミニウム脳症及びアルミニウム骨症を発症したとの報告があるため、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目中に「次の診断を受けた人」として「透析療法を受けている人」と記載することとされている成分について、正しい ものの組合せはどれか。

aテプレノン
bスクラルファート(スクラルファート水和物)
cタンニン酸アルブミン
dアルジオキサ
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

問 13 次の医薬品成分を含有する内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「相談すること」の項目中に「次の診断を受けた人」として「胃・十二指腸潰瘍」と記載することとされている成分について、正しいものの組合せはどれか。

aジフェニドール塩酸塩
bアスピリン(アセチルサリチル酸)
c次硝酸ビスマス
dマオウ
  • 1(a、b)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解3】

問 14 医薬品医療機器等法第68条の10第1項の規定に基づき、医薬品の製造販売業者が、その製造販売した医薬品について行う副作用等の報告のうち、15日以内に厚生労働大臣に報告することとされている事項として、正しいものの組合せはどれか。

a医薬品によるものと疑われる副作用症例のうち、使用上の注意から予測できないもので、死亡に至った事例
b医薬品によるものと疑われる感染症症例のうち、使用上の注意から予測できるもので、重篤(死亡を含む)な事例
c副作用症例・感染症の発生傾向が著しく変化したことを示す研究報告
d承認を受けた効能若しくは効果を有しないことを示す研究報告
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】

問 15 医薬品医療機器等法第68条の10第2項の規定に基づく医薬関係者に義務付けられている医薬品の副作用等の報告に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品との因果関係が明確でない場合は、報告の対象とならない。
b安全対策上必要があると認めるときは、医薬品の過量使用や誤用等によるものと思われる健康被害についても、報告する必要がある。
c購入者等(健康被害を生じた本人に限らない)から適切に情報を把握し、報告様式の記入欄すべてに必要事項を記入しなければならない。
d報告様式は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページから入手できる。
a b c d
1正 正 誤 誤
2正 誤 正 正
3誤 正 正 正
4誤 正 誤 正
5誤 誤 正 誤

【正解4】

医薬品との因果関係が必ずしも明確でない場合であっても、報告の対象となり得る。
b○

報告様式の記入欄 すべてに記入がなされる必要はない。
d○

問 16 医薬品副作用被害救済制度に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による被害者の迅速な救済を図るための制度である。
b救済給付業務に必要な費用のうち、給付費については、製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充てられる。
c健康被害が医薬品の副作用によるものかどうかなど、医学的薬学的判断を要する事項については、薬事・食品衛生審議会の諮問・答申を受ける。
d一般用医薬品の殺虫剤及び殺鼠剤による健康被害については、救済制度の対象とならない。
a b c d
1正 誤 正 正
2誤 正 誤 誤
3誤 誤 誤 正
4正 正 誤 誤
5正 正 正 正

【正解5】
a○
b○
c○
d○

問 17 医薬品副作用被害救済制度における給付の種類に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a医療手当は、医薬品の副作用による疾病(「入院治療を必要とする程度」の場合)の治療に要した費用の実費を補償するものである。
b遺族年金は、生計維持者が医薬品の副作用により死亡した場合に、その遺族の生活の立て直し等を目的に、10年間を限度として給付される。
c障害児養育年金は、医薬品の副作用により一定程度の障害の状態にある18歳未満の人を養育する人に対して給付されるものである。
d給付の種類としては、医療手当、障害年金、遺族年金等があるが、葬祭料はない。
a b c d
1正 誤 誤 正
2誤 正 正 誤
3正 正 正 正
4誤 正 誤 誤
5正 誤 正 誤

【正解2】

記載は「医療費」の内容。
医療手当は、医薬品の副作用による疾病(「入院治療を必要とする程度」の場合)の治療に伴う医療費以外の費用の負担に着目して給付されるものである。
b○
c○

埋葬料もある。

問 18 医薬品PLセンターに関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a医薬品副作用被害救済制度の対象とならないケースのうち、製品不良など、製薬企業に損害賠償責任がある場合には、医薬品PLセンターへの相談が推奨される。
b日本製薬団体連合会において、製造物責任法の施行と同時に開設された。
c医薬品だけでなく、医療機器に関する苦情も受け付けている。
d消費者の代理人として、裁判を迅速に終了させることを目的としている。
  • 1(a、b)
  • 2(a、c)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解1】
a○
b○

医療機器は、「医薬品PLセンター」の対象外。

消費者の代理人として、裁判を迅速に終了させることを目的としている。

問 19 一般用医薬品の安全対策に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用例による鬱血性心不全が報告されたことから、小柴胡湯についてインターフェロン製剤との併用を禁忌とする旨の使用上の注意が改訂された。
b一般用かぜ薬の使用によると疑われる重篤な副作用(間質性肺炎)の発生事例が、複数例報告されたため、厚生労働省は、一般用かぜ薬全般につき使用上の注意の改訂を指示した。
c塩酸フェニルプロパノールアミンが配合された一般用医薬品による偽アルドステロン症の副作用症例が複数報告され、厚生労働省は、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩等への速やかな切替えを指示した。
d解熱鎮痛成分としてアミノピリン、スルピリンが配合されたアンプル入りかぜ薬の使用による重篤な副作用(ショック)が発生したことを踏まえ、厚生省(当時)は、関係製薬企業に対し、アンプル入りかぜ薬製品の回収を要請した。
  • 1(a、c)
  • 2(a、d)
  • 3(b、c)
  • 4(b、d)
  • 5(c、d)

【正解4】

鬱血性心不全ではなく間質性肺炎。
b○

偽アルドステロン症ではなく、脳出血等(出血性脳卒中)の副作用症例。
d○

問 20 医薬品の適正使用のための啓発活動に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a薬物乱用防止を一層推進するため、毎年6月20日~7月19日までの1ヶ月間、国、自治体、関係団体等により、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。
b保健衛生の維持向上に貢献することを目的とし、毎年10月17日からの1週間を、「薬と健康の週間」として、広報活動やイベント等が実施されている。
c登録販売者は、適切なセルフメディケーションの普及定着及び医薬品の適正使用の推進のための啓発活動に積極的に参加、協力することが期待されている。
a b c
1正 誤 正
2正 誤 誤
3正 正 正
4誤 正 正
5誤 正 誤

【正解3】
a○
b○
c○

資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済