学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a ○
b ○
c ×
「人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的」としているのは医療用医薬品だけではなく、「医薬品」全般の定義。一般用医薬品も含まれる。
d○

医薬品に関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解1】
( a医薬品医療機器等法 )では、健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず、医薬品に異物等の混入、変質等があってはならない旨を定めており、( b製造販売業者 )による製品回収等の措置がなされることもあるので、日頃から( b製造販売業者 )からの情報には十分に注意しておくことが重要である。

医薬品のリスク評価に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

薬物暴露時間と暴露量との「和」ではなく、「積」で表現される。

「治療量」から「無作用量」ではなく、「無作用量」から「治療量」。
c○

医薬品の製造販売後安全管理基準はGood Vigilance Practice(GVP)。
Good Post-marketing Study Practice(GPS P)は製造販売後の調査・試験の実施基準。

HIV訴訟に関する以下の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解5】
( a血友病 )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b血漿 )から製造された( c血液凝固因子製剤 )の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。

アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】

アレルギーは、医薬品の薬理作用とは関係なく起こり得る。
b○
c○
d○

医薬品の副作用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解5】

世界保健機関(WHO)で定義する医薬品の副作用は、疾病の診断のために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応。
b○

医薬品の作用には未知の部分が多く、十分に注意して適正に使用された場合でも副作用は生じることがある。
d○

医薬品の適正使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

医薬品は、目的とする効果に対して、副作用が生じる危険性が最小限になるよう定められているため、定められた用量を超えて服用することは適切ではない。

一般用医薬品にも、習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがある。
d○

医薬品の相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

相互作用により、作用が減弱することもある。

相互作用は、吸収、代謝、分布、排泄の過程のみならず、医薬品が薬理作用をもたらす部位においても起こるものがある。
c○

医薬品と食品の相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】

アルコールをよく摂取する者は代謝機能が高まる。
b○
c○

幼児及び小児の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】

幼児は7歳未満。
b○

身体の大きさに対して腸が長く、医薬品の吸収率が高い。
d○

高齢者の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】

一般用医薬品の容量は、ある程度の個人差は織り込んで設定されているため、定められた用量の範囲内で使用されることが望ましい。
b○
c○

妊婦・授乳婦の医薬品の使用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解2】
a○

胎盤には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組み(血液ー胎盤関門)がある。
c○

医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。

プラセボ効果に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

【正解1】
1○

プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)も関与して生じると考えられている。

医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化には、薬理作用によるもののほか、 プラセボ効果によるものも含まれている。

プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)だけでなく、不都合なもの(副作用)がある。

医薬品の品質に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

医薬品に配合されている成分には、高温や多湿以外に、光(紫外線)によって品質の劣化を起こすものが多い。
b○
c○

未開封で保管された場合。液剤など、いったん開封されると記載されている期日まで品質が保証されない場合とがある。

一般用医薬品の役割に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解1】
a、b○
一般用医薬品の役割は6つ。
c重度な疾病に伴う症状の改善 、d生活習慣病の治療は医師による診療が必要。

セルフメディケーションに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】

セルフメディケーションの主役は、一般生活者。登録販売者は支援役。
b○

一般用医薬品で対処可能な症状の範囲は、医薬品を使用する人によって変わってくるものであり、乳幼児では、通常の成人の場合より、その範囲は限られてくる。
d○

一般用医薬品の販売に従事する専門家が購入者から確認しておきたい基本的なポイントに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○
b○
c○
d○

サリドマイドに関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解2】
サリドマイドは、( a催眠鎮静剤 )等として販売されたが、副作用として血管新生を( b妨げる )作用もあったことから、妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の( c先天異常 )が発生した。

スモン及びスモン訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】

キノホルム製剤は整腸剤として販売された。
その副作用として発症した病名が亜急性脊髄視神経症(SMON)。
b○

和解に至っている。

スモン訴訟を契機として、創設されたのは医薬品副作用被害救済制度。
生物由来製品による感染等被害救済制度の創設がなされたのはCJD訴訟。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

ウシ乾燥硬膜ではなく、ヒト乾燥硬膜。
b○
c○

CJD訴訟を契機に、医薬品医療機器総合機構による生物由来製品による感染等被害救済制度の創設がなされた。
医薬品副作用被害救済制度の創設がされたのは、スモン訴訟。

人体の働きと医薬品

口腔に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】
a○
b○
c○

唾液に含まれるのは、デンプンをデキストリンや麦芽糖に分解する酵素のプチアリン(唾液アミラーゼ)。
タンパク質を分解するトリプシンは、膵臓で産生するトリプシノーゲンが腸液に含まれる成分の働きにより生まれる消化酵素。

肺に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○

肺には筋組織がない。そのため自力で膨らんだり縮んだりできない。
c○

膵臓に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】

胆汁を蓄えているのは胆嚢

膵液は胃に分泌されるのではなく、十二指腸の開口部から腸管内と送られる。

膵臓は炭水化物、タンパク質、脂質を消化する全ての酵素の供給を担う。
d○

胃に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

内壁に輪状のひだがあり、その粘膜表面は柔突起に覆われているのは胃ではなく、小腸。
c○

滞留時間が長いのが脂質。次にタンパク質。炭水化物は比較的短い。

循環器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

心臓が収縮したときの血圧は最大血圧。
弛緩したときの血圧を最小血圧という。

肺でのガス交換が行われた血液は左心房に入り、左心室から全身に送り出される。
c○

代謝や解毒を担っているのは肝臓。

血液に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

ヘモグロビンと結合するのは二酸化炭素ではなく、酸素。

好中球は白血球の約60%と最も多い。
記載内容は単球の説明。
c○

血漿タンパク質の一種なのはフィブリノゲン。フィブリノゲンが傷口で重合して線維状のフィブリン。
ンとなる。

泌尿器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

腎小体と尿細管とで構成される腎臓の基本的な機能単位はネフロン。
ボウマン嚢は糸球体の外側を包み込んでいる袋。

記載は副腎髄質の説明。
副腎皮質は、副腎皮質ホルモンを産生・分泌する。
c○
d○

目、耳、鼻などの感覚器官に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】

光を感じる反応に不可欠なのはビタミンA。
b○
c○

外耳は耳介+外耳道。
記載内容は、内耳の説明。

外皮系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解5】
1、2、3、4○

記載内容は、皮脂腺ではなく、汗腺の説明。
皮脂腺は、腺細胞が集まってできており、腺細胞自身が分泌物となって毛穴から排出される。

骨格系及び筋組織に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解3】

腱は結合組織のみでできているため、伸縮性はあまりない。
b○
c○

説明が逆。
随意筋(骨格筋)は体性神経系で支配されるのに対して、不随意筋(平滑筋及び心筋)は自立神経に支配されている。

交換神経系が効果器に及ぼす反応に関する組合せのうち、誤っているものはどれか。

【正解3】
1、2、4○

腸は運動低下

薬が働く仕組みに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】

局所作用を目的とする医薬品でも全身性の副作用が起こることもある。
b、c、d○

薬の体内での働きに関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解2】
循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、多くの場合、標的となる細胞に存在する( a受容体 )、酵素、( bトランスポーター )などの( cタンパク質 )と結合し、その機能を変化させることで薬効や( d副作用 )を現す。

医薬品の剤型に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】

錠剤のように固形状に固めず、粉末状にしたものは散剤。顆粒剤は小さな粒状にしたもの。
b○
c○
d○

薬の体内での働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解1】

医薬品の有効成分の代謝・排泄の速度が吸収・分布の速度を上回ると、医薬品の有効成分
の血中濃度はある時点でピーク(最高血中濃度)に達し、その後は低下していく。

最大有効濃度ではなく、最小有効濃度(閾値)を超えたときに生体の反応としての薬効が現れる。
c○
d○

皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○
c○
d○

偽アルドステロン症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加していないにもかかわらず生じることから、偽アルドステロン症と呼ばれている。
b○

記載が逆。
体内にナトリウムと水が貯留し、体からカリウムが失われたことによって生じる。
d○

消化器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】
a○

下痢傾向ではなく、普段から便秘傾向がある人において発症リスクが高い。
c○
d○

呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

【正解3】

区別が難しい。

医薬品の使用から短時間(1時間以内)で起こる。
c○
d○

医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

【正解2】

同じ医薬品でも生じる発疹の型は人によって様々である。
b○

接触皮膚炎は医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じる。
全身に広がって重篤化するのは光線過敏症。

光線過敏症の症状が現れた場合には、皮膚に医薬品が残らないよう十分に患部を洗浄し、遮光して速やかに医師の診療を受ける必要がある。

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済