学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者の試験・資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

殺虫剤や検査薬など、人体に使用しなくても人の健康に影響を与える。
c○

医薬品の本質に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

添付文書を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもある。
b○
c○

一般用医薬品は、医療用医薬品と比較して、保健衛生上のリスクは相対的に低い。

医薬品のリスク評価に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○

臨床試験の評価基準はGCP。
GLPは非臨床試験。

LD50は薬物の毒性の指標。

医薬品の副作用に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解5】
世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の( a予防 )、 診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に( b通常用いられる量 )で発現する医 薬品の有害かつ( c意図しない )反応」とされている。

医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○
b○
c○

副作用には、自覚症状として現れないものもある。

アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】

医薬品によるアレルギーは、外用薬でも引き起こされることがある。
b○

医薬品によるアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態だと、アレルギーを生じることがある。

医薬品の不適正な使用と有害事象に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解3】
a○

薬物依存は、一度形成されると、そこから離脱することは容易ではない。

一般用医薬品は、乱用の繰り返しによって慢性的な臓器障害等は生じるおそれもある。
d○

医薬品等の相互作用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

減弱することもある。
b○
c○

外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。

小児等への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解4】
a○
b○
c○

小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い。

高齢者への医薬品の使用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○

一般用医薬品はある程度個人差を織り込んで設定されているため、基本的には定められた用量の範囲内で使用されることが望ましい。

一般用医薬品の使用により基礎疾患が悪化するリスクもある。

妊婦又は妊娠していると思われる女性への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】
a○

、血液-胎盤関門により、胎児への医薬品成分の移行を防ぐことができるかどうかは未解明のことも多い。
c○

プラセボ効果に関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解1】
医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に( a薬理作用)によらない作用を生じることをプラセボ効果(( b偽薬 )効果)という。プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による( c自然発生的 )な変化等が関与して生じると考えられている。

医薬品の品質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○

医薬品に表示されている「使用期限」は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限である。
c○
d○

医薬品医療機器等法第4条第5項第4号に規定されている一般用医薬品の定義に関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解4】
医薬品のうち、その( a効能及び効果 )において人体に対する作用が( b著しくない )ものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(( c要指導医薬品 )を除く。)をいう。

一般用医薬品承認審査合理化等検討会中間報告書「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」(平成14年11月)において、一般用医薬品の役割とされている次の事項の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○
b○
c○

重度の疾病に伴う症状の改善は一般用医薬品の役割6つには入らない。

一般用医薬品の販売等に従事する専門家が購入者から確認しておきたい事項に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○
c○
d○

サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

【正解5】

R 体のサリド マイドを分離しても体内で相互変換するため、催奇形性は避けられない。

日本では、販売停止及び回収措置が行われたのは翌年9月と、対応の遅さが問題視された。

血管新生を妨げる作用。

催眠鎮静成分として承認され、胃腸薬にも配合された。
5○

スモン及びスモン訴訟に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

解熱鎮痛薬ではなく、整腸剤として販売されていた。
b○
c○

麻痺が上半身に拡がる場合もあり、ときに視覚障害から失明に至ることもある。

HIV訴訟に関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

穴埋め

【正解3】
( a血友病 )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b血漿 )から 製造された( c血液凝固因子 )製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する 損害賠償訴訟である。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)及びCJD訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○

プリオンはウイルスではなく、タンパク質の一種。
c○
d○

人体の働きと医薬品

消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

胆汁酸塩の大部分は、大腸ではなく、小腸で再吸収され肝臓に戻される。
b○
c○

すい
デンプンを分解するのがアミラーゼで、脂質を分解するのがリパーゼ。

消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○
b○

トリプシノーゲンは消化酵素の前駆体タンパク。
血糖値を調節するホルモンはインスリン及びグルカゴン。

呼吸器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

扁桃は咽頭の後壁にある。喉頭ではない。
b○
c○

O₂とCO₂が逆。
心臓から送られてくる血液から二酸化炭素CO₂が肺胞気中に拡散、代わりに酸素O₂が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。

循環器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や赤血球の量で決まる。
血中脂質量はほとんど影響を与えない。
c○

記載は単球の内容。

泌尿器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

原尿中のブドウ糖やアミノ酸等の栄養分及び血液の維持に必要な水分や電解質が再吸収されるのは、腎小体ではなく尿細管。
b○

副腎皮質ホルモンの一つであるアルドステロンは、体内に塩分と水を貯留し、カリウムの排泄を促す。
d○

目に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

記載は網膜の内容であり、結膜ではない。
b○
c○

涙液はリンパ液ではなく、血漿から産生する。

耳に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解5】

耳垢腺は内耳ではなく、外耳道にある。

前庭もリンパ液で満たされている。
c○
d○

骨格系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】

骨は生きた組織であり、成長が停止した後も一生を通じて破壊と修復が行われている。

カルシウムが、骨から溶け出し、ほぼ同量のカルシウムが骨に沈着する。
c○

筋組織に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○

筋組織は、筋細胞と結合組織からできているのに対して、腱は、結合組織のみでできているため、伸縮性はあまりない。

骨格筋が体性神経系で支配されるのに対して、平滑筋及び心筋は、自律神経系に支配されている。

脳や神経系の働きに関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解3】
a○

記載は副交感神経系。交感神経系は、体が闘争や恐怖等の緊張状態に対応した態勢をとるように働く。

副交感神経系が活発になると、肝臓でのグリコーゲンの合成が促進される。
d○

医薬品が働く仕組みに関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○

外用薬でも坐剤や経皮吸収製剤のように全身作用を目的としたものもある。

口腔粘膜から吸収された医薬品の成分は、肝臓で代謝を受けることなく全身に分布する。

医薬品の有効成分の吸収に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】
a○

消化管が積極的に取り込むのではなく、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散する現象である。

小腸ではなく、胃で有効成分が溶出するものが大部分である。
d○

医薬品の代謝及び排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】

体外へ排泄されやすいのは脂溶性ではなく、水溶性の物質。
b○
c○
d○

医薬品の体内での働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

血中濃度が最小有効濃度を下回ると薬効は消失する。
c○
d○

医薬品の剤形及び適切な使用方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○

記載は口腔内崩壊錠ではなく、トローチ・ドロップの内容。

患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合等にはクリーム剤。

ショック(アナフィラキシー)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解5】

可能性が高い。
b○
c○

皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解3】
a○

記載は皮膚粘膜眼症候群(SJS)の内容。

いずれも発症の予測は困難。
d○

医薬品の副作用として生じる偽アルドステロン症に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【正解4】

医薬品と食品との相互作用により起きることがある。
b○

副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加していないにも関わらず、生じることから「偽アルドステロン症」という。
d○

医薬品の副作用として生じる精神神経障害及び無菌性髄膜炎に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解2】
a○

無菌性髄膜炎は、予後は比較的良好であることがほとんどであるが、重篤な中枢神経系の後遺症が残った例も報告されている。
c○

医薬品の副作用として生じる間質性肺炎及び喘息に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

【正解1】
a○
b○
c○

喘息は、合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば症状は寛解する。

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済