学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

登録販売者と薬剤師の違い|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者と薬剤師の違い

2009年6月の薬事法改正によって、薬剤師不足を補う医薬品販売のプロとして誕生した登録販売者。補うとありますが、登録販売者と薬剤師は具体的にどこが違うのでしょうか。「仕事内容」「資格取得の方法」「収入」といった3つの面から紹介していきましょう。

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬剤師の仕事の違いは、取り扱うことのできる医薬品の種類が異なる点にフォーカスするとわかりやすくなります。

登録販売者は調剤をすることができない

薬は大きく「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分けられます。「医療用医薬品」は病院や歯科医院などで医師や歯科医師が処方する薬のことで処方薬とも呼ばれます。一方、一般用医薬品は医師の処方箋がなくてもドラッグストアなどで購入できる薬のことで、市販薬とも呼ばれます。
医療用医薬品は、医師が発行した処方箋を基に調剤薬局で薬剤師が調剤し患者に提供されますが、登録販売者はこの調剤の業を行うことはできません。
つまり、下図のように薬剤師は医薬品の調剤も販売もできるのに対し、登録販売者は医薬品の販売のみに携わることができるということです。

調剤とは

医師、歯科医師から発行された処方せんに指示されている内容が適正であると確認した後、指示されている医薬品を使用して患者の疾患の治療のための薬剤を指示された使用法に適合するように調製し、患者に医師の指示どおり正しく使用するように指導しながら交付するとともに、服用後の有効性と安全性を観察して医師と連絡を取りながら処方の修正など適切な措置を行うこと。

一般用医薬品のすべてを販売できるわけではない

薬剤師と同じく一般用医薬品の販売ができる登録販売者ですが、一般用医薬品のすべての販売ができるわけではありません。一般用医薬品は、副作用等が発生するリスクに応じて第1類、第2類、第3類の3種類に分けられていて、そのうち登録販売者が携わることのできる医薬品は第2類と第3類に限られます。
ドラッグストアに行ったときに、一部の商品コーナーがクローズされていたり、欲しかった薬が「この店舗では販売していません」と対応されたことはありませんか。
それは、薬剤師が不在にしているため第1類医薬品が手に取れないようクローズにしている、もしくは薬剤師がいないため第1類の医薬品を取り扱っていないということです。
とはいえ、一般用医薬品の9割以上は第2類と第3類で占められており、第1類医薬品は一般用医薬品全体のごく一部。登録販売者がいることでドラッグストアなどの小売業では、十分に営業することができるといっていいでしょう。

資格試験の違いについて

登録販売者試験は、2014年の改正省令で受験資格が撤廃され、2015年度試験からは実務経験なしでどなたでも受験できるようになりました。
一方で、薬剤師試験の試験を受けるためには大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了することが条件になります。その学費は国公立大学の場合。入学金がおよそ28万円、授業料が年間およそ53万円ですら、学校によって多少の違いはあったにせよ、6年間でおよそ350万円になります。また、私立大学では入学金がおよそ40万円、授業料が年間およそ134万円。これ以外に施設費などが60万円ほど必要になるのが一般的で、6年間の学費は全部で1200万円…これを超えることも珍しくありません。
さらに、薬剤師資格の合格率はという約70%台と、登録販売者の40%台に比べ高いのですが、一部の大学では合格する見込みが低い学生をあらかじめふるいにかけ、国家試験を受験できる学生の選抜が行われているそうです。「薬学部に入れば薬剤師になれる」と思っている方も多いと思いますがそうではないようです。

収入の違いについて

厚生労働省が発表した「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の平均年収は男性で約575万円、女性で約526万円だそうです。厚生労働省から発表されている登録販売者の平均年収はありませんが、ドラッグストアの正社員で300万円~400万円、店長クラスになれば400万円~500万円、スーパーバイザーともなればそれ以上。
薬学部に大金をかけ必死に6年間勉強することを考えれば、今から登録販売者になって上を目指して頑張ることの価値がご理解いただけると思います。

△登録販売者と薬剤師の違い | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済