学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもある。
c○

「健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず」異物等の混 入、変質があってはならない旨を定めている。

医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答4】
a○
b○

新規に開発される医薬品のリスク評価は、Good Laboratory Practice(GLP)に準拠して行われる。
Good Vigilance Practice(GVP)は、製造後安全管理基準。
d○

健康食品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】

医薬品については、食品などよりもはるかに厳しい安全性基準が要求される。
b○
c○
d○

次の記述は、アレルギー(過敏反応)に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答2】
a○

アレルギーには、体質的・遺伝的要素もある。
c○

医薬品によりアレルギーを起こしたことのない人でも、病気に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、思わぬアレルギーを生じることがある。

医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答4】
a○
b○

記載は医療用医薬品について。
一般用医薬品を使用する際は、通常、その使用を中断する不利益よりも、重大な副作用を回避することを優先する。
d○

次の記述は、医薬品の不適正な使用と有害事象等に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答4】

一般用医薬品でも、乱用の繰り返しによって臓器障害等を生じるおそれもある。

小児への用量が定められていない医薬品を、用量を半分にして飲ませれば良い等という安易な使用は、特に有害事象につながる危険性が高い。
c○
d○

医薬品と食品の相互作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】

酒類(アルコール)をよく摂取する者では、肝臓の代謝機能が「低下している」のではなく「高まっている」ことが多いため、医薬品の代謝に影響を与えることがある。
b○

食品と医薬品の相互作用は、しばしば「飲み合わせ」と表現され、体内で相互作用を生じることが想定される。

外用薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。

次の記述は、小児と医薬品に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

医薬品の使用上の注意において、小児という場合の年齢区分は、おおよその目安として「12歳」ではなく「15歳未満」をいう。
b○

小児は血液脳関門が未発達であり、「吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすく、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい」。
d○

小児と医薬品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答2】
a○
b○

乳児向けの用法用量が設定されている一般用医薬品であっても、乳児は医薬品の影響を受けやすく、また状態が急変しやすく、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくいため、基本的には医師の診療を受けることが優先され、一般用医薬品による対処は最低限にとどめるのが望ましい。
d○
d

次の記述は、高齢者に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答1】
a○
b○

生理機能の衰えの度合いは個人差が小さいではなく「大きい」ので、年齢のみから一概にどの程度リスクが増大しているかの判断することは難しい。

医薬品の使用上の注意において、おおよその目安として「60歳」ではなく「65歳以上」を高齢者という。

妊婦又は妊娠していると思われる女性に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答1】
a○
b○
c○

母体が医薬品を使用した場合に、医薬品の成分の胎児への移行が血液-胎盤関門によって、どの程度防御されるかは、未解明のことも多い。

次の記述は、医療機関で治療を受けている人等の医薬品の使用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答2】
a○

医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人については、登録販売者にお いて一般用医薬品との併用の可否を判断することは困難なことが多く、その薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する必要がある。

過去に医療機関で治療を受けていた場合、現在、治療を受けていなくても、一般用医薬品の種類や配合等によっては、使用について注意が必要なものがる。
d○

次の記述は、プラセボ効果(偽薬効果)に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答1】
a○
b○

プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)のみでなく、不都合なもの(副作用)がある。

プラセボ効果は、主観的な変化だけでなく、客観的に測定可能な変化として現れることもある。

医薬品の品質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答2】
a○

表示されている「使用期限」は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限である。
c○
d○

一般用医薬品の選択及びセルフメディケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】

体調の不調や軽度の症状等について、一般用医薬品を使用して対処し、一定期間若しくは一定回数使用して症状の改善がみられない場合は、医療機関を受診して医師の診療を受ける必要がある。
b○
c○
d○

次の記述は、一般用医薬品の販売等に従事する専門家が行う情報提供に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答4】

購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合であっても、情報提供を行うためのコミュニケーションを図る技術を身につけるべきである。

家庭における常備薬として医薬品を購入する者に対しては、販売時になされた情報提供を思い出いながら、添付文書等に目を通すよう促すことが重要である。
c○
d○

次の記述は、薬害や副作用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

薬害は、医薬品が十分注意して使用されたとしても、起こり得るものである。
b○
c○

サリドマイド製剤、キノホルム製剤については、一般用医薬品として販売されていた製品もある。

サリドマイドに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答4】
a○
b○

サリドマイドの血管新生を妨げる作用は、その光学異性体のうち、一方の異性体 ( S 体)のみが有するとされているが、R体とS体は体内で相互に転換するため、もう一方の異性体( R 体)を分離して製剤化しても、催奇形性は避けられない。

日本では、サリドマイド製剤による催奇形性が報告されたにも関わらず、販売停止及び回収措置が翌年になるなど、その対応の遅さが問題視された。

以下のスモン訴訟に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

穴埋め

【解答3】
スモン訴訟は、( a整腸剤 )として販売されていた( bキノホルム製剤 )を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。サリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機として、1979年、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、( c医薬品副作用被害救済制度 )が創設された。

次の記述は、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答1】
a○
b○

記載はスモンの症状。
CJDの症状としては、プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れる。

プリオンは、細菌ではなく、タンパク質の一種である。

人体の働きと医薬品

次の記述は、消化器系に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答2】
a○

小腸は、全長6~7mの管状の臓器で、十二指腸、「空腸」、回腸の3部分に分かれる。
c○

肝臓は、大きい臓器であり、横隔膜の直上ではなく「直下」に位置し、胆汁を産生する。

次の記述は、胆嚢及び肝臓に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

胆汁に含まれる胆汁酸塩(コール酸、デオキシコール酸等の塩類)は、「糖質ではなく「脂質」の消化を容易にし、「水溶性」ではなく「脂溶性」ビタミンの吸収を助ける。
b○

胆汁には、古くなった「白血球」」ではなく「赤血球」や過剰の「ブドウ糖」ではなく「コレステロール等」を排出する役割がある。
d○

呼吸器系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答3】

鼻腔ではなく「咽頭」は消化管と気道の両方に属する。
b○

肺では、肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から「酸素」ではなく「二酸化炭素」が肺胞気中に拡散し、代わりに「二酸化炭素」ではなく「酸素」が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。

「咽頭」ではなく「喉頭」は、喉頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官である。

循環器系に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

【解答4】

肺でガス交換が行われた血液を全身に送り出すのは、心臓の左側部分(左心房、左心室)。

心臓から拍出された血液を送る血管を「動脈」、心臓へ戻る血液を送る血管を「静脈」という。

リンパ液の流れは、主に「骨格筋」の収縮によるものであり、流速は血流に比べて穏やかである。
4○

泌尿器系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答4】
a○

アルドステロンは、「副腎髄質」ではなく「副腎皮質」から分泌される。

記載は尿道の内容。
膀胱は、尿を一時的に溜める袋状の器官。

腎臓は、骨髄における「白血球」ではなく「赤血球」の産生を促進するホルモンを分泌する。

目に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】
a○
b○
c○

涙液を分泌するのは「涙腺」、涙液を鼻腔に導出するのは「涙道」。

次の記述は、皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答2】
a○

記載は「骨格系」ではなく「筋組織」の内容。
c○

骨格筋の疲労は、グリコーゲンの代謝に伴って生成する「炭酸カルシウム」ではなく「乳酸」が蓄積して、筋組織の収縮性が低下する現象である。

脳や神経系の働きに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答2】

記載が逆。
交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は「ノルアドレナリン」であり、 副交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は「アセチルコリン」である。
b○
c○

目の瞳孔は、交感神経系への刺激により収縮ではなく「散大」する。

薬の生体内運命に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

【解答4】

眼の粘膜に適用する点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがある。

抗狭心症薬のニトログリセリン(舌下錠、スプレー)は、有効成分が口腔粘膜か ら吸収されて「局所作用」ではなく「全身作用」を現す。

鼻腔粘膜の下は毛細血管が豊富なため、点鼻薬の成分は循環血液中に移行しやすい。
4○

第1欄の記述は、薬の体内での働きに関するものである。(   )の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。

穴埋め

【解答3】
循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、多くの場合、標的となる細胞に存在する受容体、酵素、トランスポーターなどの(タンパク質 )と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。

次の記述は、医薬品の剤形に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

記載はトローチ、ドロップの内容。
チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形であり、水なしでも服用できる。
b○

記載は口腔内崩壊錠の内容。
カプセル剤は、カプセル内に散剤や顆粒剤、液剤等を充填した剤形。
d○

次の記述は、血液に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答1】
a○
b○

単球は、白血球の約5%
約60%を占めているのは好中球。

生体には損傷した血管からの血液の流出を抑える仕組みが備わっており、リンパ 球ではなく「血小板」がその仕組みにおいて重要な役割を担っている。

全身的に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】

ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する遅延型ではなく「即時型」のアレルギー反応の一種である。
b○

中毒性のものとアレルギー性のものに大別されるのは「肝機能障害」。
d○

次の記述は、精神神経系に現れる副作用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

医薬品の副作用によって「中枢神経系」が影響を受け、精神神経症状を生じることがある。
b○
c○

医薬品の長期連用や過量服用によって、倦怠感や虚脱感を生じることがある。

消化器系に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答1】
a○

消化器に対する医薬品の副作用によって、吐き気・嘔吐、食欲不振、腹部(胃部) 不快感等を生じることはあるが、口内炎や口腔内の荒れ、刺激感などを生じることが「ある」。
c○

記載はイレウス様症状の内容。

次の記述は、呼吸器系に現れる副作用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

【解答3】

喘息は、内服薬のほか、坐薬でも誘発されることがある。
b○

間質性肺炎は、医薬品の使用開始から1~2週間程度で起きることが多い。
d○

循環器系に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答5】

記載は鬱血性心不全の内容。
不整脈は、心筋の自動性や興奮伝導の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる病態で、めまい、立ちくらみ、全身のだるさ(疲労感)、動悸、息切れ、胸部の不快感、脈の欠落等の症状が現れる。
b○
c○
d○

泌尿器系に現れる副作用に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

【解答1】

「交感神経系」ではなく「副交感神経系」の機能を抑制する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、 膀胱 ぼうこう の排尿筋の収縮が抑制され、尿が出にくい等の症状を生じることがある。
2○
3○
4○

感覚器系に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答1】

眼球内の角膜と水晶体の間を満たしている眼房水が排出されにくくなると、眼圧が「低下」ではなく「上昇」して視覚障害を生じることがある。

抗コリン作用がある成分が配合された医薬品によって眼圧が低下ではなく「上昇」して、急激な視力低下を来すことがある。
c○
d○

皮膚に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【解答1】
a○

記載は光線過敏症の内容。
接触皮膚炎は医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じ、正常な皮膚との境界がはっきりしているのが特徴である。
c○

医薬品を使用した後に発疹・発赤等が現れた場合は、薬疹の可能性を考慮し、重篤な病態への進行を防止するため、一般の生活者が自己判断で対症療法を行うことは原因の特定を困難にするおそれがあるため、避けるべきである。

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済