学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者の試験・資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○
b○

殺虫剤は、人体に対して使用されない医薬品であるが、誤って人体がそれに曝されれば健康を害するおそれがある。
d○

医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】
a○
b○
c○

一般用医薬品でも同様。

医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】

医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との「和」ではなく、「積」で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。 。
b○
c○

少量の投与であっても長期投与されれば毒性が発現する場合もある。

医薬品のリスク評価に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

穴埋め

【正解4】
ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的に( a.Good Clinical Practice(GCP))が制定されており、これに準拠した手順で安全な治療量を設定することが新規医薬品の開発に関連する臨床試験(治験)の目標の一つである。
さらに、医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準として( b.Good Post-marketing Study Practice (GPSP) )と製造販売後安全管理基準として( c.Good Vigilance Practice(GVP) )が制定されている。

健康食品に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
c○

「栄養機能食品」ではなく、「特定保健用食品」では、「特定の保健機能の表示」、例えばキシリトールを含む食品に対して「虫歯の原因になりにくい食品です」などの表示が許可されている。
「栄養機能食品」については、各種ビタミン、ミネラルに対して「栄養機能の表示」ができる。

医薬品の作用と副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】
a○

ある疾病のために使用された医薬品の作用が、別の疾病の治療を妨げることもある。
c○
d○

医薬品によるアレルギー(過敏反応)に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

アレルギーは、内服薬だけでなく、外用薬でも引き起こされることがある。

アレルギーは、医薬品の有効成分により引き起こされるものだけでなく、薬理作用がない添加物も、アレルゲンになり得る。(タートラジンなど)
d○

副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】

眠気や口渇等の比較的よく見られるものも副作用である。
b○
c○
d○

医薬品の不適正な使用と有害事象に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】
a○
b○
c○

小児への用量が定められていない医薬品を、大人用の医薬品を半分にして飲ませるなど、安易に医薬品を使用するような場合には、有害事象につながる危険性が高い。

医薬品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】

相互作用は、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。

相互作用を回避するには、通常、ある医薬品を使用している期間のみならず、をの前後を通じて、その医薬品との相互作用を生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えるのが通常である。

一般用医薬品は、一つの医薬品の中に作用の異なる複数の成分を組み合わせて含んでいることが多く、他の医薬品と併用した場合に、作用が強く出過ぎることもある。
d○

医薬品と食品との飲み合わせに関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解4】

ニトログリセリン(舌下錠)は、有効成分が口腔粘膜から吸収される。その場合肝臓を経由せずに心臓に至るため、肝臓の代謝は受けない。
(酒類(アルコール)をよく摂取する者では、肝臓の代謝機能が高まっているため、通常よりも代謝されやすくなり、十分な薬効が得られなくなるのは正しい。)

医薬品の代謝によって産生する物質(代謝産物)に薬効があるものもある。
c○
d○

乳児又は小児の医薬品の使用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】

小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が「長く」、服用した医薬品 の吸収率が相対的に「高い」。

小児は、血液脳関門が未発達であるため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に「達しやすく」中枢神経系に影響を与える医薬品で「副作用を起こしやすい」。
c○
d○

高齢者の医薬品の使用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】
a○
b○
c○
d○

妊婦又は妊娠していると思われる女性、母乳を与える女性に関する記述について、誤っているものはどれか。

【正解4】
1○
2○
3○

母体が医薬品を使用した場合には、血液-胎盤関門によって、どの程度医薬品の成分の胎児への移行が防御されるかは、未解明のことも多い。

プラセボ効果に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】

医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に「薬理作用によらない作用」を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。
b○
c○

プラセボ効果は、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)が「関与して生じる」と考えられている。

医薬品の品質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】

医薬品は、高い水準で均一な品質が保証されていなければならないが、配合されている成分には、高温や多湿等による品質の劣化を起こしにくいものが多く使用されている。

医薬品の外箱等に記載されている「使用期限」は、未開封状態で保管された 場合に品質が保持される期限である。
c○

医薬品は、適切な保管・陳列がなされたとしても、経時変化による品質の劣化は避けられず、人体に好ましくない作用をもたらす物質を生じる可能性もある。

一般用医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、「必ずしも医薬品の販売に結びつけるのではなく」情報提供を行うことが重要である。
c○
d○

サリドマイドに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】

解熱鎮痛剤ではなく、催眠鎮静剤等として販売された。
b○

日本では、サリドマイド製剤の催奇形性についての勧告が届いた後、速やかに販売停止及び回収措置が行われず、対応の遅さが問題視された。
d○

スモンに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○

スモンは、亜急性脊髄視神経症。初期には腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れや脱力、歩行困難等が現れる。麻痺は上半身にも拡がる場合があり、ときに視覚障害から失明に至ることもある。
ちなみに「次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病」はCJD訴訟のクロイツフェルト・ヤコブ病である。
c○

国のみではなく、国と製薬企業を被告として提訴された。

HIV訴訟に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
( a血友病 )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b血漿 )から製造された( c血液凝固因子製剤 )の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。

人体の働きと医薬品

消化器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

消化液に含まれる消化酵素の作用によって飲食物を分解することを「化学的消化」という。
c○

膵臓は消化腺。

次の消化酵素とそれにより分解されるものとの組み合わせについて、誤っているものはどれか。

【正解1】

エレプシンは「半消化されたタンパク質」をアミノ酸まで分解する。
2○
3○
4○

肝臓に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】

肝臓は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D等のほか、ビタミンB6やB12頭の水溶性ビタミンを貯蔵する臓器である。
b○
c○

アルコールは、胃や小腸で吸収されるが、肝臓へと運ばれて一度酢酸ではなく、アセトアルデヒドに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸となる。

呼吸器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

鼻汁にはリボソームではなく「リゾチーム」が含まれ、気道の防御機構の一つとなっている。

記載は、咽頭ではなく「喉頭」の内容。
d○

呼吸器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解2】
a○
b○

扁桃は俗に「扁桃腺」と呼ばれるが分泌腺ではなく、扁桃が正しい名称である。
d○

循環器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】

通常、全身から集まってきた血液は右心「房」に入り、右心「室」に送られ、肺へ拍出される。

体性神経系ではなく、自律神経系によって制御される。
c○

リンパ液の流れは、主に骨格筋の収縮によるもの。

血液に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解3】

記載は好中球の内容。
リンパ球は、白血球の約1/3を占め、血液のほかリンパ液にも分布して循環している。
b○

一般的に血液全体の約40%を占め、赤い血色素(ヘモグロビン)を含む。
d○

目に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

結膜の充血では、白目の部分だけでなく眼瞼の裏も赤くなる。

ビタミンBではなく、ビタミンAの不足。

硝子体ではなく、水晶体の厚みを変化させる。

内耳に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( b )内は、いずれも同じ字句が入る。

穴埋め

【正解2】
内耳は、聴覚器官である( a蝸牛 )と、平衡器官である( b前庭 )の2つの部分からなり、( b前庭 )の内部を満たす( cリンパ液 )の動きが平衡感覚として感知される。

外皮系に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解1】
a○
b○

皮脂腺は腺細胞が集まってできており、脂分を蓄えて死んだ腺細胞自身が分泌物(皮脂)となって毛穴から排出される。

記載は真皮の内容。

筋組織に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

穴埋め

【正解3】
( a平滑筋 )は不随意筋であり、筋線維に横縞模様がなく、消化管壁、血管壁、膀胱等に分布し、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴がある。( b心筋 )は、心臓壁にある筋層を構成する筋組織で、不随意筋であるが筋線維には横縞模様があり、強い収縮力と持久力を兼ね備えている。

副交感神経が活発になっているときの作用について、誤っているものはどれか。

【正解1】

瞳孔収縮
2○
3○
4○
5○

医薬品の吸収、代謝、排泄に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解3】

鼻腔の粘膜に医薬品を適用する場合、その成分は循環血液中に入る。
b○
c○

禁煙補助薬のニコチン(咀嚼剤)は、口腔粘膜から吸収され、循環血液中に入るが、肝臓で代謝を受けることなく全身に分布する。

医薬品の有効成分の吸収に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】

坐剤の有効成分は、直腸上部内壁の粘膜から吸収された場合、肝臓で代謝を受けることなく全身へ分布する。

皮膚に適用する医薬品の有効成分により、全身作用が現れることがある。

内服薬の有効成分は、主に大腸ではなく小腸で吸収される。

有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や他の医薬品の作用によって影響を受ける。

医薬品の有効成分の排泄に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】

有効成分も代謝、排泄される。
b○
c○
d○

日本薬局方における医薬品の剤形とその特徴に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解2】
a○

記載はスプレー剤の内容。

適用部位を水から遮断したい場合はには軟膏剤を用い、患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合等にはクリーム剤を用いることが多い。
d○

精神神経系に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】

精神神経症状の発生は、医薬品の大量服用や長期連用、乳幼児への適用外の使用等の不適正な使用がなされた場合に限らず、通常の用法・用量でも発生することがある。
b○
c○
d○

呼吸器系に現れる副作用に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解1】
a○
b○

記載は通常の肺炎。
間質性肺炎は、肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたもの。

医薬品の副作用として現れる間質性肺炎は、一般的に、医薬品の使用開始から1~2週間程度で起きることが多い。

目に現れる副作用に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

穴埋め

【正解5】
抗コリン作用を有する( aスコポラミン臭化水素酸塩 )を配合した医薬品を使用した場合、眼圧が( b上昇 )し、眼痛や眼の充血に加え、急激な視力低下を来すことがある。特に( c緑内障 )がある人では厳重な注意が必要である。

皮膚に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】

記載は接触皮膚炎の内容。
アレルギー性皮膚炎の場合は、発症部位は医薬品の接触部位に限定されない。
b○

以前、薬疹を経験したことがある人が再度同種の医薬品を使用した場合、重篤なアレルギー反応を生じるおそれがある。
d○

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済