学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品の本質に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○

すべてが解明されていない。
c○

医療用医薬品と比較して、保健衛生上のリスクは相対的に低いのが、一般用医薬品。

健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】
a○
b○
c○
d○

小児等が医薬品を使用する場合に留意すべきことに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○
b○

小児は、大人と比べて医薬品成分の代謝・排泄に時間がかかるため、医薬品の作用が弱くなることがある。
d○

医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○
b○

GLPは、医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準。
医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施基準として制定されているのはGood Post-marketing Study Practice(GPSP)。
d○

次の記述は医薬品の投与量と効果又は毒性に関するものである。(  )にあてはま字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

穴埋め

【正解1】
医薬品の投与量と効果又は毒性の関係は、薬物用量を( a増加 )させるに伴い、効果の発現が検出されない( b無作用量 )から、最小有効量を経て( c治療量 )に至る。

医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○

医薬品は、十分に注意して適正に使用しても副作用が生じることがある。
c○
d○

医薬品の販売等に従事する専門家が購入者から確認しておきたい事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】
a○
b○
c○
d○

サリドマイドに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】
a○

国も被告として提訴された。

販売停止・回収措置の対応の遅れが問題視された。

R体とS体の説明が逆。
サリドマイドの光学異性体のうち、血管新生を妨げる作用は、一方の異性体(S体)のみが有する作用であり、もう一方の異性体(R体)にはなく、鎮静作用はR体のみが有するとされている。

次の薬物のうち、亜急性脊髄視神経症(スモン)の原因となったものについて、正しいものを1つ選びなさい。

【正解2】
キノホルム

アレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○

添加物も、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)となり得る。

鶏卵や牛乳等を原材料として作られているものがあるため、それらに対するアレルギーがある人では使用を避けなければならない場合もある。
d○

CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】
a○

プリオンは、細菌でもウイルスでもない、タンパク質の一種。
c○

CJD訴訟を契機として創設されたのは、生物由来製品による感染等被害救済制度。

HIV訴訟に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】

HIV訴訟は、白血病患者がヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血漿から製造された血液凝固因子製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。
b○
c○
d○

一般用医薬品の役割に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○
b○
c○
d○

セルフメディケーションに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○

乳幼児や妊婦等では、通常の成人の場合に比べ、その範囲は限られてくる。

セルフメディケーションの主役は、一般の生活者であるため、情報提供は必ずしも医薬品の販売に結びつけるのではなく、医薬品の使用によらない対処を勧めることが適切な場合がある。

一般用医薬品の販売時のコミュニケーションに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○

その医薬品がすぐに使用される状況にあるかについて確認する必要がある。
c○

購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しく、コミュニケーションが成立しがたい場合も、可能な情報提供を行っていくためのコミュニケーション技術を身につけるべきである。

プラセボ効果に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○

客観的に測定可能な変化として現れることもある。
c○

プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。

高齢者の医薬品の使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】

高齢者は、喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている場合があり、内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。
b○

医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として65歳以上を「高齢者」としている。
d○

妊婦若しくは妊娠していると思われる女性又は母乳を与える女性(授乳婦)の医薬品の使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】

ビタミンB₆ではなく、ビタミンA含有製剤。
b○

妊婦は、体の変調や不調を起こしやすいため、一般用医薬品による対処が適切かどうかを含めて慎重に考慮されるべきである。
d○

医薬品と食品の関係に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】
a○

外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。
c○

医薬品の品質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】
a○

光(紫外線)によって品質の劣化(変質・変敗)を起こしやすいものが多い。
c○
d○

人体の働きと医薬品

血液に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】
a○

B細胞リンパ球とT細胞リンパ球の説明が逆。
c○

赤血球は、脾臓ではなく、骨髄で産生される。

膵臓に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解4】

膵液を胃ではなく、十二指腸へ分泌する。
b○
c○

膵液は、炭水化物、タンパク質、脂質を消化する全ての酵素の供給を担う。

腎臓及び副腎に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○
b○

副腎は左右の腎臓の下部ではなく、上部にそれぞれ付属。

副腎皮質ではなく、副腎髄質で自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが産生・分泌される。

脳や神経系の働きに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○
b○

脳の血管は、末梢に比べて物質の透過に関する選択性が高い。
イオン化した物質は血液中から脳組織へ移行しにくい。
d○

末梢神経系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解4】
a○

交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は、汗腺を支配する交感神経を除き、アセチルコリンではなく、ノルアドレナリンである。

副交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は、ノルアドレナリンではなく、アセチルコリンである。

胆嚢及び胆汁に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解4】
a○

胆嚢は、胆汁を濃縮して蓄えるだけの器官。
c○

呼吸器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解1】

扁桃は喉頭ではなく、咽頭の後壁にある。
b○
c○

気管支は、気管から肺の中で複数に枝分かれする部分。

循環器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解4】

上部左右の心房と、下部左右の心室。
b○

毛細血管は、消化管の組織にのみではなく、体中の組織に張り巡らされている。
d○

医薬品の吸収と代謝に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】

積極的にではなく、受動的に染み込んでいく。
b○

浸透する量は皮膚の状態、傷の有無やその程度などによって影響を受ける。
d○

医薬品の代謝と排泄に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】

最近の研究により、小腸などの消化管粘膜や腎臓にもかなり強い代謝活性があることが明らかにされている。

複合体を形成している有効成分の分子は、薬物代謝酵素の作用で代謝されない。

腎機能が低下した人では、正常の人よりも有効成分の尿中への排泄が遅れ、血中濃度が下がりにくい。
d○

医薬品の体内での働きに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】
a○

標的となる細胞内に存在するミトコンドリアに代謝されるのではなく、細胞内に存在する受容体、酵素、トランスポーター等のタンパク質と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。

閾値とは、医薬品摂取後における有効成分の最高血中濃度ではなく、最小有効濃度のことをいう。
d○

肝機能障害に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】

中毒性のものに限定されず、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものもある。
b○

白眼も黄色くなる。
d○

医薬品の副作用として現れる間質性肺炎に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】
a○

記述は肺炎の内容。
間質性肺炎は、肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたもの。
c○
d○

全身的に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】
a○
b×ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する即時型のアレルギー反応の
一種。
c○
d○

消化器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】

腸内容物の通過が阻害された状態はイレウスという。
消化性潰瘍は、医薬品の副作用により胃や十二指腸の粘膜組織が障害されて、その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態。
b○
c○
d○

循環器系に現れる医薬品の副作用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解5】
a○
b○
c○
d○

皮膚に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせ 正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○
b○

薬疹は、医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、長期使用後に現れることもある。

光線過敏症は、貼付剤では、それを剥がした後でも発症することがある。

精神神経系に現れる医薬品の副作用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

【正解3】

精神神経症状は、医薬品の大量服用や長期連用、乳幼児への適用外の使用等の不
適正な使用がなされた場合に限らず、通常の用法・用量でも発生することがある。
b○

無菌性髄膜炎の原因となった医薬品の使用を早期に中止すれば、多くの場合、速やかに回復し、予後は比較的良好であることが多いが、重篤な中枢神経系の後遺症が残った例も報告されている。
d○

医薬品の副作用として現れる喘息に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解4】

成人になってから喘息を発症した人、季節に関係なく喘息発作が起こる人等で、
発症しやすい。
b○

これまでに医薬品で喘息発作を起こしたことがある人は、重症化しやすい。

喘息は、内服薬のほか、坐薬や外用薬でも誘発されることがある。

医薬品の剤形に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

【正解2】
a○
b○
c○

一般的に、適用部位を水から遮断したい場合には軟膏剤を用いる。

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済