学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

お知らせ|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

過去問題集(表示テスト)

表示テスト7

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○
b○

使用に際して保健衛生上のリスクを伴うものであることに注意が必要である。
d○

医薬品の不適正な使用に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解2】
1○

一般用医薬品にも習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがある。
3○
4○

医薬品の投与量と効果又は毒性の関係に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解2】
1○

効果の発現が検出されない量は「最小有効量」ではなく、「無作用量」。
3○
4○

免疫及びアレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○
b○
c○
d○

医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

医薬品には、製造販売後の調査及び試験の実施の基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP)が制定されている。
GLPは非臨床試験の基準。
c○

一般用医薬品を使用することによって慢性疾患の症状が悪化したり、その治療が妨げられたりすることもある。

医薬品と食品の相互作用に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解4】
a○
b○
c○

中和反応によって胃酸の働きを弱めること(制酸)を目的とする成分を主体とする胃腸薬については、炭酸飲料等の酸度の高い食品と一緒に服用すると、効き目が「低下する」おそれがある。

妊婦及び母乳を与える女性(授乳婦)が医薬品を使用する上で注意すべき事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】
a○

「大量に使用しないこと」ではなく、「相談すること」としているものが多い。

妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、 抗ヒスタミン成分を主薬とする睡眠改善薬の適用対象外である。
d○

高齢者が医薬品を使用する上で注意すべき事項に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解1】

高齢者は基礎体力や生理機能の衰えの度合いの個人差が大きく、年齢からどの程度副作用のリスクが増大しているか判断することは難しい。
2○
3○
4○

一般用医薬品の使用に配慮が必要な人等への登録販売者の対応に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解3】
1○
2○

過去に医薬品を服用し薬疹を経験した人は、同種の医薬品の使用を避ける必要がある。
4○

医薬品を使用する上で注意すべき事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

乳児向けの用法用量が設定されている一般用医薬品であっても、使用の適否を見極めにくいため、一般用医薬品による対処は最小限にとどめるのが望ましい。
c○

幼児は7歳未満。
ちなみに乳児が1歳未満、幼児が7歳未満、小児が15歳未満。

医薬品の品質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】

Good Vigilance Practice(GVP)は、医薬品の「品質管理基準」ではなく、「製造販売後安全管理基準」
b○

医薬品は、高い水準で均一な品質が保証されていなければならないが、配合されている成分(有効成分及び添加物成分)は、高温や多湿、光(紫外線)等によって品質の劣化(変質・変敗)を起こしやすいものが多い。
d○

プラセボ効果(偽薬効果)に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解3】

薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果という。
b○

プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として現れることもある。
d○

一般用医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】

一般用医薬品で対処可能な範囲は、医薬品を使用する人によって変わ ってくる。b○
c○
d○

一般的に「健康食品」と呼ばれる健康増進や維持の助けとなる食品(以下「健康食品」とする。)に関する記述のうち、正しいものはどれか。

【正解4】

健康食品は法で定める医薬品とは異なる。
医薬品の安全性基準は、食品よりはるかに厳しい基準が要求されている。

機能性表示食品は、「疾病に罹患していない者の」健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨を表示するものである。

キシリトールを含む食品に対して、「虫歯の原因になりにくい食品です」などの表示をするのは、特定保健用食品の「特定の保健機能の表示」。
「栄養機能食品」については各種ビタミン、ミネラルに対して「栄養機能の表示」が許可されている。
4○

医薬品販売時の登録販売者の対応等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○
b○
c○
d○

サリドマイドに関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解2】
1○

サリドマイドによる薬害事件は、日本でのみ被害が発生したわけではない。
西ドイツで販売開始され、その後製品が回収された。西ドイツの企業から勧告が届いていたにもかかわらず、出荷停止が5か月以上遅れるなどの対応の遅さが問題視された。
3○
4○

スモン訴訟に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

全面和解に至っている。

キノホルム製剤は、1958年頃から消化器症状を伴う特異な神経症状が報告されるよう になり、日本では、「1970年9月」に販売が停止された。
d○

HIV訴訟に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】
a○

HIV訴訟ではなく、サリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機に、医薬品副作用被害救済制度が創設された。
c○
d○

クロイツフェルト・ヤコブ病(以下「CJD」とする。)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】

ウシ乾燥硬膜ではなく、ヒト乾燥硬膜。
b○

ウイルスではない、タンパク質の一種であるプリオンが原因。
d○

医薬品の副作用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】

いわゆる薬害は、医薬品を十分注意して使用しても起こり得るもの。

新規に開発される医薬品のリスク評価は、医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準であるGood Laboratry Practice(GLP)に準拠して行われる。
Good Clinical Practice(GCP)は、安全な治療量を設定することを目的として行われるヒトを対象とした効果と安全性の評価基準。
c○
d○

人体の働きと医薬品

人体の構造に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、同じ記号の(   )内には同じ字句が入る。

穴埋め

【正解3】
ヒトの体は、( a細胞 )が集まって構成されており、関連する働きを持つ( a細胞 )が集まって( b組織 )を作り、複数の( b組織 )が組み合わさって一定の形態を持ち、特定の働きをする( c器官 )が形成される。

唾液に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解4】
1○
2○
3○

口腔内はpHがほぼ中性に保たれ、「酸」による歯の齲蝕を防いでいる。

咽頭及び食道に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】
a○

食道に、消化液の分泌腺はない。
c○
d○

膵臓に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解4】
a○

膵液は「弱アルカリ性」で、胃で「酸性」となった内容物を中和する。

膵臓では、炭水化物、タンパク質、脂質のそれぞれを消化する酵素の供給を「担っている」。
d○

栄養分の代謝及び貯蔵に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、同じ記号の(  )内には同じ字句が入る。

穴埋め

【正解4】
小腸で吸収された( aブドウ糖 )は、血液によって肝臓に運ばれて( bグリコーゲン )として蓄えられる。( bグリコーゲン )は、( aブドウ糖 )が重合してできた高分子多糖で、血糖値が下がったときなど、必要に応じて( aブドウ糖 )に分解されて血液中に放出される。皮下組織等に蓄えられた( c脂質 )も、一度肝臓に運ばれてからエネルギー源として利用可能な形に代謝される。

大腸に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】

大腸は内壁粘膜に絨毛がない点で小腸と区別される。
b○
c○

通常、糞便の成分の大半は水分。
そのほか、はがれ落ちた腸壁上皮細胞の残骸(15~20%)や腸内細菌の死骸(10~15%)が含まれ、「食物の残滓」は約5%に過ぎない。

呼吸器系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解1】
a○
b○

鼻汁は、粘膜を保護するため、「常に少しずつ」分泌されている。

肺自体には肺を動かす筋組織がない。

循環器系に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解3】
1○
2○

動脈の多くは体の深部を通っている。
4○

血漿成分に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、同じ記号の(   )内には同じ字句が入る。

穴埋め

【正解1】
( aアルブミン )は、血液の浸透圧を保持する(血漿成分が血管から組織中に漏れ出るのを防ぐ)働きがあるほか、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。
( bグロブリン )は、その多くが、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を特異的に認識する抗体としての役割を担うため、そういったものは免疫( bグロブリン )とも呼ばれる。
( c脂質 )は、血漿中のタンパク質と結合してリポタンパク質を形成し、血漿中に分散している。

泌尿器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解3】
a○

副腎は、左右の腎臓の上部にそれぞれ附属し、皮質と「髄質」の2層構造からなる。
c○

前立腺は加齢とともに「肥大」し、尿道を圧迫して排尿困難等を生じることがある。

目に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解3】

角膜や水晶体には血管が通っておらず、房水によって栄養分や酸素が供給される。
b○

近くの物を見るときに丸く厚みが増し、遠くの物を見るときには扁平になる。
d○

鼻と耳に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

【正解4】
1○
2○
3○

小さな子供では、耳管が「太く」短くて、走行が水平に近いため、鼻腔からウイルスや細菌が侵入し感染が起こりやすい。

外皮系に関する記述のうち、正しいものはどれか。

【正解4】

外皮系には、爪や毛等の角質も含まれる。

炎症が生じた皮膚に現れる発疹や発赤、痒み等の症状は免疫機能の活性化に関連している。

メラニン色素は、皮膚組織を「防護する」役割がある。
4○

骨格系と筋組織に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】

成長が停止した後も、骨の破壊(骨吸収)と修復(骨形成)が行われている。
b○

骨格筋は、収縮力が強く、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋だが、平滑筋は不随意筋である。
d○

脳や神経系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解4】
a○
b○
c○

医薬品の成分が体内で薬効又は副作用をもたらす際も、自律神経系への作用や影響が重要である。

粘膜から吸収される医薬品に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解2】

一般用医薬品として使用されている点鼻薬については、全身作用を目的としたものはなく、 鼻腔粘膜局所作用を目的としているが、その成分が循環血液中に移行しやすく、全身性の副作用を生じることがある。
b○
c○

眼の粘膜に適用する点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがある。

全身作用を目的とする内服薬の消化管吸収に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解1】
a○

腸溶性製剤のような特殊なものを除き、「胃」で有効成分が溶出するものが大部分である。

有効成分は、主に「小腸」で吸収される。
d○

第1欄の記述は、医薬品の剤形に関するものである。これに該当する剤形は第2欄のどれか。

【正解1】
口腔内崩壊錠

副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

【正解5】
a○
b○
c○
d○

薬疹に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

【正解2】

薬疹は、あらゆる医薬品で起きる可能性がある。
b○
c○

痒み等の症状に対して一般の生活者が自己判断で対症療法を行うことは、原因の特定を困難にするおそれがあるため、避けるべきである。

三幸医療カレッジからのお知らせです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△お知らせ | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済