学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

vol.22 モーツァルトと魔王|登録販売者資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者ワンポイントレッスン

2017.2.1
  • ワンポイントレッスン
vol.22 モーツァルトと魔王

脳の中にもいろいろな神経伝達物質があります。ドーパミンもその一つです。
ドーパミンは、運動の調節、感情、意欲、学習に関係しています。好きな音楽を聴いて心地よい気分なるのは、ドーパミンが放出されることによります。
ある説によると、モーツァルトはドーパミンが欠乏する体質だった。ドーパミンの放出を促す音楽を作曲することで、自分の症状を改善しようとした。
なるほど。

 

ドーパミン不足が進行すると、指先がこまかく震えてしまう。
力を抜いた状態で、関節を他の人が動かそうとしてもスムーズに動かない。動作の開始が困難になり、動作もゆっくりしたものになる、などの症状が現れるようになります。
このような病態は、報告した医師の名前をとって、パーキンソン病とよばれます。

 

ドーパミンの欠乏―――→パーキンソン病

このような状態を治療するには、どうすればよいだろう。モーツァルトのように、音楽を作曲し続けるしかないのだろうか。

 

ドーパミンは脳内で、モノアミン酸化酵素によって分解されます。モノアミン酸化酵素をMAOともよびます。(まちがっても魔王って書かないでね)

ドーパミンが欠乏するのはMAOがどんどん分解してしまうから。
MAOがなければ、ドーパミンは分解しないでそのまま残り、不足も解消されるはず。

 

では、MAOをなくするには?

 

こうして発見された薬剤が、モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)です。
MAO阻害剤は、その名の通り、MAOを抑えるはたらきをします。MAOを抑えることで、ドーパミンの分解を防ぎます。

 

MAO阻害剤―→MAOを抑える―→ドーパミン分解されない

MAOが分解するのはドーパミンだけではありません。
鼻炎薬に配合される塩酸プソイドエフェドリンも、MAOによって分解されます。

ではMAO阻害剤と、塩酸プソイドエフェドリンを併用すると、どうなるだろう。

 

MAO阻害剤―→MAOを抑える―→塩酸プソイドエフェドリン分解されない

 

分解されず、いつまでも体内に残ることになり、血圧を上昇させるなど副作用が強く現れることになります。
モノアミン酸化酵素阻害剤で治療を受けている人は、塩酸プソイドエフェドリンを含む薬の併用には注意しなければならないのはこのためでーす。

脳の中にもいろいろな神経伝達物質があります。ドーパミンもその一つです。 ドーパミンは、運動の調節、感情、意欲、学習に関係しています。好きな音楽を聴いて心地よい気分なるのは、ドーパミンが放出されることによります。 ある説によると、モーツァルトはドーパミンが欠乏する体質だった。ドーパミンの放出を促す音楽を作曲することで登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△vol.22 モーツァルトと魔王 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済