学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

vol.56 白血球の謎|登録販売者資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者ワンポイントレッスン

2017.2.1
  • ワンポイントレッスン
vol.56 白血球の謎

 今日は、白血球について。

ユキエ「そういえば、小説を読んでいると、ヒロインが白血病になって、という話がよくでてきます。」
サブロウ「そうかな。ボクの読むものでは、多重人格ものが多いです。」

 それは、ただ読書傾向のちがいってことだと思うけど…。
多重人格はおいといて、と。
白血球はどこで作られているか覚えてるかい。

ユキエ「骨髄です。」

 よーし、オッケイ。
 白血球だけではない。血球はどれも骨髄で作られている。小さいときは体中の骨の骨髄で作られる。でも大人になるにつれて、胸やおしりにある大きな骨の骨髄に限られてくるんだけどね。血球には寿命がある。赤血球は数カ月で、古くなると弾力を失って、脾臓で処理される。
 白血球は、数年もつものもあるけど、ほとんどは、な、なんと数時間から数日の命なんだ。おどろき。だから、補充しないと間に合わないっ。

 骨髄には造血幹細胞がある。
 この細胞が分裂して、赤血球になったり、白血球になったり、血小板になったりする。
もともと同じ細胞なのに、いろんなものに分かれてできあがっていくってわけ。

サブロウ「なんか、多重人格みたい、造血幹細胞って。」

 白血球といっても何種類もあるしね。
 この造血細胞が悪性化して異常に増えてしまうことがある。そうするとタイヘン。血液中の白血球数がドンドン増えていく。これが白血病。

ユキエ「白血球は、免疫を行って生体を防御しています。増えることはそんなに悪いことではないのではないですか。」

 白血球が増えた分、他の血球が作られなくなって減ってしまうー。それに白血球も不完全で、正常な働きができないものばかりー。

ユキエ「増えるだけではなくって、機能しなくなるってことなのね…。かわいそう。」

白血球についてのページです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△vol.56  白血球の謎 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済