学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~18:00

過去問一問一答vol.3|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~18:00
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者ワンポイントレッスン

2019.12.19
  • ワンポイントレッスン
過去問一問一答vol.3

~第3章より~

<問題>

カフェインに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a.反復摂取により依存を形成する性質があるため、短期間の服用にとどめ連用をしない。

b.食欲不振、悪心・嘔吐が現れることがあるため、胃潰瘍のある人は服用を避ける。

c.動悸が現れることがあるため、心臓病のある人は服用を避ける。

d.妊娠中に服用しても、胎児の発達に影響はない。

1 正正誤正

2 正誤正正

3 誤正正正

4 正正正正

5 正正正誤

<解答・解説> ※テキスト P72~P73 / 手引き集 P51

解答:5

a.〇

b.〇

c.〇

d.×:吸収されて循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られており、胎児の発達に影響を及ぼす可能性がある。
<補足説明>
カフェインの働き4つを覚えておきましょう!
・中枢神経刺激(覚醒作用)
・尿量の増加(利尿)
・胃液分泌亢進
・心筋興奮
*眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量は200mg、1日摂取量は500mgが上限です。
ちなみに、コーヒー100mlには、60mg程のカフェインが含まれています!

△過去問一問一答vol.3 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済