学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

vol.43 アンダルシアの犬|登録販売者資格なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者ワンポイントレッスン

2017.2.1
  • ワンポイントレッスン
vol.43 アンダルシアの犬

 硝子体と書いて、ガラスタイということもあるけど、ふつうショウシタイと読みます。
 人の体のどこにあるか、すぐわかりますか。

 眼は、ボールのようにまるい形をしている。中は空洞ではない。
液体がつまっている。この液体を硝子体という。そうだったよね。
 硝子体で満たされていることで、眼はへこんだりゆがんだりしないで、いつもまるい形でいることができる。
 ガラスのように無色透明で、生卵の白身のようにどろっとしたゼリー状をしている。成分はほとんどが水で(98%~99%)、他にコラーゲンとかヒアルロン酸などをふくんでいる。

 瞳がとらえた光は、はじめにレンズの形をした水晶体に入る。
それから硝子体をへて網膜に到達する。網膜が光を感知し、刺激が脳に伝えられることで、人はものを見ることができる。
 考えてみると、わたしたちが見る光は、すべて硝子体を通過して入りこんできたものだ。水中に棲んでいるわけでもないのに、水ごしに光を感じている。
 これがカメラとの最も大きな違いかもしれない。カメラにはレンズがついているので水晶体にあたるものはある。しかし液体で満たされてはいない。

 自分の目をいくら鏡で観察しても、見えるのは水晶体とか虹彩とかがやっとで、硝子体を直接見ることはむずかしい。
 どうしても見てみたいという人がもしいるのなら、ルイス・ブニュエルとサルバトール・ダリが共同で作り上げた有名な映画『アンダルシアの犬』のファーストシーンを見てみよう。そこには、どろりとしたゼリー状の硝子体が流れ落ちるのがスクリーンいっぱいに…。

硝子体についてのページです。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△vol.43  アンダルシアの犬 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済