学校法人三幸学園グループ 三幸医療カレッジ
フリーダイヤル0120-55-8635 受付時間:平日8:50~19:30

北海道の試験情報【平成30年】|登録販売者資格の受験対策講座なら三幸医療カレッジ

0120-55-8635受付時間:平日8:50~19:30
登録販売者受験対策講座
Menu Menu Close

登録販売者試験情報

各都道府県の最新試験情報と問い合わせ先を紹介

北海道の試験情報【平成30年】

北海道の最新試験情報

試験日時 平成30年8月29日(水) 午前10時30分から午後4時まで
会場 札幌会場 北海道水産ビル
〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目

旭川会場 旭川北洋ビル
〒070-0034 北海道旭川市4条通り9丁目1703−75

函館会場 フォーポイントバイシェトラン函館
〒040-0063 北海道函館市若松町14−10

釧路会場 釧路市観光国際交流センター
〒085-0017 北海道釧路市幸町3-3
受験申請書受付期間 平成30年5月31日(木)~7月2日(月)
受験手数料 18,100円
合格発表 平成30年10月1日(月)

北海道の試験情報 問い合わせ先

担当部署 北海道保健福祉部地域医療推進局医務薬務課
電話番号 011-231-4111(内線25-331)
ホーム
ページ
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/iyk/iry/yakuji/torokushikenjisshi_H30.htm

北海道の試験情報 合格率推移

受験者数 合格者数 合格率
平成30年度合格情報 1937 1136 58.6%
平成29年度合格情報 2032 1268 62.4%
平成28年度合格情報 1652 895 54.2%
平成27年度合格情報 1745 1134 65.0%
平成26年度合格情報 972 529 54.4%
平成25年度合格情報 1038 657 63.3%
平成24年度合格情報 1136 597 52.6%
平成23年度合格情報 1516 926 61.1%
平成22年度合格情報 1633 941 57.6%
平成21年度合格情報 1740 649 37.3%
平成20年度 第2回合格情報 1667 969 58.1%
平成20年度 第1回合格情報 1998 1095 54.8%

平成30年度登録販売者試験出題の傾向と対策
北海道

●表中の「難易度」は、☆の数でその目安を示しています。
・基本問題は☆
・選択肢のいくつかが基本を超える問題は ☆☆
・発展的な内容で解答するのが難しい問題は ☆☆☆

●2018年3月に改訂された「試験問題の作成に関する手引き」からの出題については、
表中の「出題のテーマ」に改訂をつけています。

【第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識】

問題 出題のテーマ 難易度
問1 医薬品の本質
問2 医薬品のリスク評価 ☆☆
問3 健康食品 ☆☆
問4 アレルギー
問5 医薬品の副作用 ☆☆
問6 医薬品の不適正な使用と有害事象
問7 医薬品と食品の相互作用
問8 小児への医薬品の使用
問9 小児への医薬品の使用
問10 高齢者への配慮
問11 妊娠または妊娠している女性への配慮
問12 医療機関で治療を受けている人の医薬品の使用
問13 プラセボ効果
問14 医薬品の品質
問15 一般医薬品の選択及びセルフメディケーション
問16 販売時に行う情報提供
問17 薬害と副作用に対する基本的な考え方
問18 サリドマイド
問19 スモン訴訟
問20 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD) ☆☆

第1章の出題傾向

すべての範囲からバランスよく出題されており、難易度もほとんど基本的なレベルになっている。一般用医薬品の販売時のコミュニケーションと情報提供についての問題が2題あったが、あまり出題されない項目であるが、平易に答えられる内容だ。

ポイント1

簡単な問題でも注意を要するものもある。

問2 医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準として、国際的に Good Clinical Practice(GCP)が制定されている。
b 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
c 新規に開発される医薬品のリスク評価は、Good Vigilance Practice(GVP)に準拠して行われる。
d 動物実験により求められる50%致死量(LD50)は、薬物の毒性の指標として用いられる。
(正解 〇〇×〇)

設問のcにあるGVPは、新規に開発される医薬品のリスク評価ではなく、製造販売後の安全管理基準であることに注意しなければならない。

ポイント2

健康食品についての次の設問は難易度が高い。第4章の問題として出題されてもおかしくない内容である。

問3
d 機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病リスクの低減に係るものを除く。)を表示するものである。
(正解 ×)
登録販売者 全国試験情報(随時更新)登録販売者 全国試験情報(随時更新)
北海道の登録販売者試験情報の最新版を記載しております。その他の各都道府県の試験情報や問い合わせ先、合格率も取りまとめました。ぜひご活用ください。三幸医療カレッジの受験対策講座は、全国の出題傾向を徹底的に分析し、全国平均の約2倍の合格率を実現しています。登録販売者試験の資格なら三幸医療カレッジ。全国平均の約2倍!圧倒的な合格率を実現しています。ライフスタイルに合わせて選べる「通学コース」と「通信コース」をご用意。医薬品の勉強がはじめての方も、イチから学べて合格を目指せます。
△北海道 | 登録販売者資格は三幸医療カレッジトップへ
資料請求 無料セミナー 講座申込み クレジット決済